「根拠」のない時はやってみることにした。

いろんなことをやっている。
どれが成功するかなんてことを考えてやってない。
「これ出来んじゃね?」「やったら面白いんじゃね?」
と思ったらやる。

今年に入って始めた新プロジェクトは
●お声がけをいただだいて「本を出しませんか?」と言われたら、「ん〜出来っかな?…じゃぁ、やる」
⇨「飛躍する勤労」(Galaxy Books社より年内刊行予定)

●写真撮ってて「これってただTwitterにアップして”いいね”もらってヤッター!だけでいいのか?」
「売れんのかな?…じゃぁ、売ってみよう!」
⇨「PIXTA」

●子供の頃の夢って中古レコード屋さんで「店借りたり商品仕入れたり大変だよな…ん?ネットで出来んじゃね?」「出来んじゃん!…じゃぁ、売ってみよう!」
⇨「メルカリ」

●セミナー・講座も「ビジネスばかりだと(俺が)面白くない、なんか他にも…あるじゃん!」ってことで「やる!」
⇨「カメラ講座」「メルカリ講座」「ビジネスセミナー」

●もちろん全てが成功しているわけではないし、失敗ということもない。
「なにが成功するかなんてわかるわけがない」だから、いろんなことをやる。

*他にもまだまだ計画中のプロジェクトもあるし、相談を受けているプロジェクトもある。
やりたいことがありすぎる!!!!

だって、出来ると思うことも、出来ないと思うことも「根拠はない」全てはセルフイメージの中の話だ。
それなら「出来る」って思った方がいいんじゃないか?
そう思うことにした。

「根拠の無い自信」がある人は強い

福山雅治さんが以前ラジオでこのような話をしていた。
デビュー曲をレコーディングをしている時に「この曲は嫌だ」と言っていた。
するとプロデューサーさんが「じゃぁ、作って来てよ」
そう言われて初めて…
「俺、曲作ったこと無い!あぁ〜無い無い」

その時の俺はなんかバカみたいな根拠の無い自信みたいなのがあったんですよねぇ笑….だそうです。
どの分野でも成功する人は「根拠の無い自信」がある人は強いですよね。と言っていた。

今日も自信を持っていきましょう

樋口了一 / 1/6の夢旅人2002

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)