マズローの欲求則に関する僕的な異変

マズローの欲求則とは
人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとされることをいう。

●第1段階 ~生理的な欲求~
人が生きていくために必要な食欲や睡眠欲、性欲などの本能的な欲求。
●第2段階 ~安全の欲求~
金銭的などの経済的な安定性や、健康で快適な生活水準を維持したい欲求。
●第3段階 ~社会的欲求~
会社員生活などで感じることがあると思うが、職場や周囲から疎外感を抱いて孤独でいると、精神的に不安定な状態になる。社会的欲求とは”受け入れられたい”もしくは”必要とされたい”と思う欲求。
●第4段階 ~承認の欲求~
集団や周りから”尊敬を得たい”という欲求である。上司や同僚から注目を集めたり、賞賛を受けたいと願う気持ちである。表彰されたい。勲章を受けたいと望むこともこの欲求に該当する。
●第5段階 ~自己実現の欲求~
あるべき自分になりたいと高次な欲求。

今なん段階?

今こうしてブログに投稿していることはマズローの欲求則でいうところの第なん段階になるんだろう?
言うまでもなく第4段階だ。
「毎日投稿凄いですよね」「マメですよね」と言われることがある。
言葉の裏には「承認欲求やばいよ」と思われているかもしれない。
そうです!承認欲求激しいです。

目指すべきところに行くために

僕は目指すところに行くためには今は第4段階をクリアしなくてはいけないのです。
生まれて親元を離れて(とりあえず)第2段階はクリア
会社員時代は第3段階の欲求を満たすためにひたすら頑張った(詳しくは現在校閲ガール中の飛躍する勤労が発売されたら是非w)、その結果一時的だが”必要とされる存在”となれた。
そして今、目指すべき自己実現(第5段階)に向かうためには勲章や賞賛ではなく数多くの人に自分のことを知ってもらう必要がある。そのための第4段階だ。

些細なことでも毎日続けることで圧倒的なものとなる…かもよ🎶

毎日発信すること、これは「努力」だ。
欲求則が上がれば上がるほど「努力」をしなければ満たされることはない。
常にネタを探し発信をする。
続けることが大事だ。
SNSによる個人発信のハードルが低くなったので承認の欲求は人によっては第3段階になっている人もいると思う。
会社などに評価されなくても個人で評価されることに価値がある時代が来ている。と気づき始めた人がいる。
そういう人たちは「圧倒的な努力」をしている。
以前はそれを「承認欲求やべぇ」と言っている人がいたが、今では憧れの対象になっている。
Youtuberなんてそうだろ?(今はYouTubeよりもShowroomの方が勢いありそうだけど)

潮目が変わったということだ。

個人発信が力を持つ時代になってしまったのであれば会社程度の小さいコミュニティでストレスを感じる必要はない。
誰か(どこか)に依存して愚痴をいう人は可哀想に…と思う。
誰にでもある自分の得意なことに対して圧倒的な努力で発信し続ければ”必要とする”人が必ず現れる。
そう信じて、今日も僕は発信を続ける…

さぁ、出るのか出ないのか?

ことあるたびに「飛躍する勤労」とワードを出している。
現在校正中のため発売日は現在調整中だ。
でも、情報をSNSで公開する。

今後は表紙デザイン
そして、目次
発売直前には”はじめに”をブログで全面公開するかもしれない。

こんな投稿を毎日していて、「あいつ毎回、飛躍する勤労って言ってるけど、ほんとに出るのかね?」と思ってくれたり、「なんか、いつも本の宣伝してるよね」とか陰口を叩いてくれると嬉しいです。
そんな人にはお逢いした際には「ありがとう!」と缶コーヒーあげますw
個人でどこまで出来るのか?
楽しみである。

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)