リーダーの思う「楽しむ」とは?

 

「楽しむ」を履き違えてないか?
リーダーは気をつけなきゃいけないことが「楽しむ」の基準をブレさせてはいけない。
自分中心で「楽しむ」の基準を変えてはいけない。

あるリーダーはディズニーよろしく、これから我が社のスローガンを「ハピネス」と言ったとしよう。
メンバーはその得体の知れない「ハピネス」という言葉に何を思うだろう?
僕はディズニーで働いたことがないので「ハピネス」の本質を知らないのでなんとも言えない。
別にディズニーに喧嘩を売ろうというわけでもない。
問題はディズニーの「ハピネス」という言葉だけをスポイルしてメンバーに伝えるのは混乱にしかならないということだ。

「楽しむ」を共有する。

そもそも「楽しむ」とは

その状況に身を置く(何かをする)ことによって楽しいという気持ちを抱くこと
(新明解国語辞典より)

さて、ここでお伺いしたい。
「あなたは現状に楽しいという気持ちを抱くこと」が出来ていますか?

現状に何も変化がないのに「ハピネス」と言われても…ねぇ。
大事なことは「ハピネス」「楽しむ」ためにチームがどうなることが良いのか?ということだ。

「楽しむ」ためにリーダーがやってはいけないことがある。

僕がチームリーダーの頃にチームを「楽しく」するためにメンバーを排除したことがある。
それはメンバーの中でも優秀だったのだが他のメンバーとの相性が悪くチームの雰囲気が悪くなったとメンバーから報告があり。
僕的には「メンバーが楽しく出来るのであれば」と彼を主要なポジションから外した。
その結果は「飛躍する勤労」にも書いていますが最悪の状態になりました。

その時の僕は「楽しく=みんな仲良く」だと思っていました。
みんなが仲良くしていれば成果が上がるだろうと…
しかし、そんなに世の中うまくはいかない。

衝突こそあったが彼をチームから外したことで全体のレベルが下がってしまった。

「楽しむ」を口実に指導を放棄するな。

僕は彼への指導を放棄した。
リーダーとして失格ですね。
「みんなが」という得体の知れない常套句で彼と話をすることなく排除した。
さて、これで「みんなが楽しく、ハッピー」になったのか?
なるわけがない。
優秀なメンバーがいないんだから全体のレベルが下がるわけだ。
そして、そのメンバーの代わりを誰かがしなくてはならない。
その結果は…「飛躍する勤労」が発売されたら読んでください。

みんなが楽しくハッピーになるとはどういうことなのか?

仕事における「楽しい」とはなんだろう?
もしリーダーが「これが楽しいということだ!」と考えがあればメンバーに是非具体的に伝えてほしい。
そして、メンバー全員が同じ気持ちになれば「楽しみながら成果をあげるチーム」は出来るだろう。
そう言う意味ではディズニーは徹底的に共有出来ているのだろうと思う。

楽しむとは達成感では無いだろうか?

いくら楽しくやっても目標が達成できなければ…どうだろう。
どんなに苦しくても目標を達成できたら「楽しかった」と思えるのでは無いだろうか?
時代錯誤の考えかもしれないが、「楽しみたかったら成果を上げろ」としか言えない。
成果もあげられないのに「楽しむ」だの「ハッピー」などいうリーダーはよほど能天気では無いだろうか?

小さな成功体験⇨達成感⇨楽しくなる

あの時の失敗でチームがバラバラになったしまった僕は次のプロジェクトではチームで成果をあげることを覚える。
仕事だから辛いことや大変なことばかりだった。
しかしチームで解決することで「楽しむことが出来た」
小さな成功体験の中でチームが達成感を知る。そこから仕事に対して「楽しみ」を見つける。
その時のチームリーダーとして僕は「みんなで楽しんでいこう!」などは一度も言っていない。
それでもメンバーは大変な中でも楽しそうだった。
そのことに対して「お前だけだろ」という人もいるだろうが、そういう人は少なからずとも僕よりも成果を上げていないので聞く耳は持たない。

そう、リーダーがわざわざ「楽しもう!」だの「ハッピー!」だの声高に言わなくてもメンバーに小さな成功体験を積み重ねさせることで「楽しくなるのだ」
それがリーダーの思い描いていた「楽しむ」「ハッピー」ではないとしてもだ。

リーダーの「楽しむ」レベルがチームのレベルを上げたり、下げたりすることはしっかり理解した方が良い。

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)