僕が思う『コト売り』とは?

『これからはモノ売りからコト売りにシフトします!』

あなたは勤務先で突然このように言われたらどうしますか?
モノが売れなくなったからこれからはコト売りをしよう。
リーダーはそう言いだしました。

しかしメンバーの表情は「コトウリ…ナンデスカ?ソレ?」というような反応。
それはそうだ。
今まで自分たちが商いしていた商材はモノだ。
それを今からコト売りにシフトする。

コトを売るってなんだ?
その説明もないままコト売りだ!と言っている。

 

『コト売り』とはなんだ?

Showroomの社長 前田裕二さんの著書 人生の勝算を読んだ。
その中に『モノ消費』から『ヒト消費』について語られた章があった。
それは寂れた商店街でもなぜスナックは潰れないか?、そのような見立てをコミュニティ、ファンビジネスとしてわかりやすく説明をしてくれていた。

 

体験からファンを増やして共犯を作ることでビジネスになる。

先の『モノ”売り』から『コト』売りへの号令を上げた業種は広告商材業界だった。
そして、そのチームリーダーが『コト=体験』を理解していたのか?というと甚だ疑問だ。その理由として僕が思ったことは、

ファンを作っていない。
ホームページ、Twitter、Facebook、Instagramなどで発信しているがファンとの交流が無い。
本書で言うなら『スナックしていない』ということになる。
これからはファンを巻き込んだビジネス展開が常識になる。(共犯者を作る)

これからは多くのファンを持った企業(個人)でも成功する時代になるでしょう。

 

 

ファンになる仕組みを考えることこそが『コト売り』の基本

演歌歌手がなぜいつまでも人気で居られるのか?
それはAKBよりももっと前から『ドサまわり』と言われるスナック営業をして回っているからだ。お客さんとの距離が近いことで「俺が応援してやろう」という気持ちになるのだ。それは「繋がり」を大事にしているからである。

そのような考えを基に今までの『モノ売り』営業を振り返ってみると、『繋がり』で売っていないか?

 

優秀な営業マンは「繋がり」で成果をあげている。

優秀な営業マンはどんな商品でもしっかり売り上げをあげている。
それは『顧客をファン』にしているからだ。
会社の看板など関係なく『個』を売り込み自分のファンを作っている。

『モノ売り』から『コト』売りにシフトしようとしてるリーダーへ。
メンバーはすでに顧客をファンにしていませんか?
当然そのことを理解して『コト売り』へシフトしようとしてますよね?
そのことを理解していないと優秀なメンバーはチームから離れていきますよ。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

FX入門セミナー

フリーランスコース

SEO対策.jp

Follow me!