隙をつくれ!

完璧と思われた人がちょっとしたミスをすると「あぁ、完璧に見えてこんなミスするんだ?」と思って愛おしく感じる事ってありませんか?
ん?僕だけ?
先日こんな事件?がありました。
詳しくはこちらの動画を観てください。

簡単に言うと「キングコング西野さんが自身のサイトでサイン入りの書籍を販売したら送料を考えずに販売してしまって2,000冊×360円=720,000円損したぁ〜返してくれぇ〜」

可愛くないですか?

だって、西野さんの本「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」
ビジネス書なのに…送料忘れるって。。。

たまに隙を見せる事でファンになる。

この動画では損失金額を回収するためにポルカで募集するらしいです。
これも集まるかも知れないですね?

この事って芸能人だけに限った事じゃなくてビジネスマンでも当てはまるんです。
「隙」のある人って応援したくなるんですよね。
仲間内でも「なぜか応援したくなる人」いませんか?

一生懸命やっているから「隙」も許せる。

「隙」を見せたら応援されるのか?というと、そんな事はない。
そこには条件があります。
「普段から一生懸命」に取り組んでいるか?
この事がとても大事なのです。

適当に取り組んでいる人が「隙」を見せても周りは「しっかりしろよ!」と言われるだけですので悪しからず。
普段から「一生懸命」な姿が見えれば「隙」は大きな力となる。
そんな事件でした。

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)