『ダンドリ』って大切だね。

「今日、なにしよっかなぁ」

会社に行くと朝一番にこのようなセリフを耳にすることがありませんか?
このブログでは何度となく使われているフレーズ。
会社は従業員の『時間』に対して給料を支払っている。
大前提として『時間』が基準になっているので時給契約でないサラリーマンであったとしても『時間』を無駄にしてはならないと考えた方がいいだろう。
もし、それが嫌ならば悪いことは言わないすぐに独立して自分の時間でビジネスすることをお勧めします。

なぜ?そのような発言が出てくるのか?

簡単に言えば『計画力』がないんでしょうね。
いきあたりばたりで仕事をしているんでしょうね。しかし、このような部下珍しくありません。『計画』とは『想像する力』でもあるのです。
今ではなく今後を想像して『起こるであろうことを想像』して準備をするのです。
優秀な人が慌ている姿を見たことがないのは『想像して計画を立てている』ことからくるのでしょう。
その逆に無計画な人は….やめましょう。

想像して計画して『段取る』

仕事が出来る人は『信頼』されます。信頼をされたらビジネスも人間関係はおおよそうまく行くでしょう。『信頼』されるための手段として『段取り力』が必要となるのです。
それはさほど難しくはありません。誰にでも簡単に手に入れ実践も容易です。
『段取り力』を手に入れて周りから『信頼される人』になろう!

『段取り力』とは『優先順位設定する』ことだ

『優先順位設定』をすることで段取り力はついてきます。では、優先順位設定の方法を説明します。

①今ある仕事の総量を抑える。
②①の中から『期限のあるもの』と『期限のないもの』に分ける。
③②の中より『期限のないもの』に期限をつける。

最初はこの①〜③を日々繰り返しながら今日やるべきこと、この先のためにやっておいた方が良いことなどを継続して考えることで『段取り力』は身についてきます。
まずは優先順位をしっかり把握することが重要です。
優先順位を意識して『段取り力』を身につけて『信頼』される人になろう!

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)