遠征の想い出

高校の3年間で休日は…1週間あったかな?
吹奏楽部って文化部なのに体育会系部活並みに休みがないんですよね。
僕が在籍した別府商業高校吹奏楽部は吹奏楽コンクールに出場するチームとマーチングコンテストに出場するチームが同一メンバー構成だったため朝から晩まで練習に明け暮れていました。

ところで高校に入学して初めて吹奏楽部の存在を知ったのですが、吹奏楽って盛んなんですね。知らなかった。いつかこの入部から卒業まで話をまとめて執筆したいと考えています。タイトルはすでに決まっていて『ハイスクールマーチ』。

怒涛の夏休み

吹奏楽の夏休みはあってないようなもんだ。
その時にスケジュールを(思い出して)あげてみよう。

7月20日 夏休みスタートと同時に合宿が始まる
7月後半  大分県吹奏楽コンクール(もちろん予選は突破)
8月初旬  全国高等学校総合文化祭(在籍3年間出場)
8月中旬  大分県マーチングフェスティバル(野球場にて開催)
8月後半  九州吹奏楽コンクール
9月1日  新学期

どこかの漫才師じゃないですけど「どうかしてるぜぇ〜」って言いたくなるスケジュールが組み込まれているのである。これ以外にも細かい地域のイベントに参加してたような…なかなかのブラック企業でしたが日本全国さまざまな土地に出向いて演奏する貴重な体験をすることが出来たのは感謝な事だと思っています。

遠征のお供に🎶

遠征の移動は基本はバスだ。本州で演奏する場合は別府からフェリーで神戸まで行ってから交通機関を使用する。過去一番遠い移動は別府から岩手県開催1985年の高校総文だった。移動だけで1日終わってたような気がする。
1年の時は移動中でものんびりしている暇はなく先輩たちの小間使いをしなくてはならなかったが上級生になれば気を使われる側になる。そんな移動中の必需品がウォークマンだ。
移動中誰にも邪魔されずに自分の世界に入れる。

当時はカセットテープで音楽を聴いていたので遠征に持っていける本数も制限がされた。今のように何百、何千と持っていけるものではなかった。だから遠征前には選抜をするのだが大体決まった3本になる。つまりはレギュラーだ。

当時のレギュラー3本
渡辺美里 / Lovin’ You
TM NETWORK / GIFT FOR FANK
ブライアン・アダムス / レックレス

この3本はレギュラーでバッグに入っていた。
特に渡辺美里さんのアルバムは遠征先のホテルで朝早く起きて外を見ながら聴いていたので今でもLovin’ Youを聴くと当時を想い出します。
移動中はテンションをあげたいのでTM NETWORKを聴いてましたね。

音楽の力

音楽は凄いと常々思っている。学生時代に聴いていた音楽に触れると記憶がその当時に戻してくれる。それも歳をとるにつれて曖昧になってるのだろうけど、そういう時は大体美しい想い出になっているので曖昧になる事も悪くないだろう。

音楽は過去を美しい想い出にしてくれる🎶

ちなみに怒涛の夏休みが終わるとマーチングコンテストがあるのだが、過去の結果は以下の通りです。

僕たちが卒業してからマーチングコンテストは全国大会になったようで….
くっそぉ〜あと1年早く全国大会を開催してくれていたら….
遠征用の選抜が出来たのに….

あなたにも旅のお供になる音楽、ありますか?

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)