メモはリアルタイムで『箇条書き』

ドロロンメモ魔くん

あっ、わかる人だけでいいです。
さて、今回は『メモ』について話をしたいと思います。
僕はメモを取る事が苦手です。会議などに参加してメモ帳やダイアリーを広げるが一向にペンが進まない。なにを書くべきで、なにを書かなくても良いのか?がわからないのです。
もっとも書かなくても良いことなどないのかもしれないが、もしそこまで大事なら会議前にプリント配ってくれたほうが会議に集中出来るんだよなぁと思っている。
だって話を聞きながら会議のメモ取るって会議に集中できないって思っているのは僕だけでしょうか?

学校じゃないんだから

僕は学生の頃勉強がまったく出来なかった。当然成績は良くなかった。が、通知表での評価はテストの点数ほど悪くはなかった。それは….『ひたすらメモを取る』ことをしていたからだ。先生が黒板に書いていることをただ写す、ひたすら写す。そうすれば「おっ、ノゾエ。テストの点数は今ひとつだが授業態度は真剣だな」って事でテストのマイナス点数を相殺してもらっていた。
このテクニックは中学校の頃に成績優秀の子に教えて貰った。
「ノーリー(子供の頃のあだ名)、授業中はわかんなくてもメモ取ってたらいいで」と教えてくれた。
なるほど!メモを取れば成績が上がるのかと思っていたが….成績は一向に上がらない。なぜだ!?彼の言った通りにメモを取っているのに!なぜ成績が上がらん!

そりゃ、メモの取り方が悪い!

メモを取っているのに成績上がらん。その解明のために友達のノートを見せてもらった。そこに書かれていたものが!「なんじゃこりゃ〜!ぜんぜん違うぞ!綺麗だ!なぜこんなに綺麗なんだ」彼のノートに書かれていたのは先生が黒板に書かれている内容に自分なりの考えも入れて書かれていた。ノートの使い方が全然違う!。僕はただ闇雲に先生が黒板に書かれている内容を写しているだけだからノートの行にビッシリと文字が書き込まれているだけだが、成績優秀な人のノートは1ページにゆったりとメモを取っている。途中に挟まれる追記事項も綺麗に関連付けて書き込まれている。
『ノートを見ただけで成績わかる』とはよく言ったものだ。

ビジネスの現場での『メモ力』

学生頃以上にビジネスの現場では『メモ力』が必要となる。しかしその『メモ力』は学生の頃とは少々違って求められることが『伝達』『予定』などをその場で『メモ』を求められることが多いということです。これは授業で『メモ取るぞ!』と構えるのとは異なります。
ビジネスの現場では常に『メモ帳』を携帯しろと言われます。顧客と話すとき、上司と話すときなどは必ず『その場』でメモを取るように指導を受けます。

なぜメモを常に出来るようにしておく必要があるのか?

僕が配送センターの管理職で朝礼に連絡事項などを話していたときのこと、その日偶然参加していた営業部長がメンバーに対して「おい!お前らノゾエくんが話しをしてる内容メモを取らないでわかるのか!」とどなった。そのあとに「ノゾエくんも少し話長いけどな。」と指導を受けましたが…

メンバーがメモをを取るという行為は「聞き役』として信頼されるための必須条件なのです。上司や顧客の話をただ聞くよりはメモを取りながら聞いている人のほうが『信用』されます。これは先の学生の頃の『メモ取ってますよぉ』と同じです。先生が上司、顧客に変わっただけのことです。

ビジネスの現場ではメモは『箇条書き』で

ビジネスの現場では学生のようなメモの取り方ではスピードに対応できない。そのためのコツは『重要点やキーワードを箇条書きにしましょう』何もかも全てをメモをしていては、後で読み返したときに何がなんだから分からなくなります。
重要ポイントだけを読みやすくわかりやすい文章で書きましょう。
この『箇条書き』で書く技術は伝えたいことをわかりやすく伝える訓練にもなります。すなわち『メモを取る』ことはビジネスの基本中の基本なのです。まずはメモを取り、それをどのように活かすか?それが成功する人と成功できない人の差を生むのでしょう。

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)