『リーダー』と『マネジャー』の違いとは?

『リーダー』と『マネジャー』の違いを説明が出来ますか?

『リーダー』と『マネジャー』はどこが違うのだろうか?
まずはこちらの動画を見てください。
これはウーマンラッシュアワーの漫才『バイトリーダー』です。
バイトとはいえ『リーダー』ですから、このネタの中に『リーダー』のヒントが隠れているかも知れません!
それでは見てみましょう。

いかがでしたでしょうか『バイトリーダー』。
えっ、早口で何を言っているのかがわからない?でも、雰囲気は掴めたでしょ?
この漫才ネタで使われている『リーダー』の行動に以下の事がいくつか入っていませんでしたか?

①自分で仕事をするのではなくて部下に仕事の指示を与える。
②部下への教育指導を行う。
③部下の職場環境を快適にし、顧客には最高の品質を保証する。
④部下と経営陣との橋渡し的な存在
⑤部下のやる気を引き出す。

①や②③などは相方演じる新人バイトにリーダーはサポートしていましたね。
他にも④や⑤も会社では『管理職』が行いますよね?
実は…この①から⑤すべて『マネジャー』の仕事なんです。これらはすべて『管理業務』すなわち『マネージ』しているのです。

『リーダー』=『管理職』という大きな誤解

会社では部長や課長を『管理職』と言います。それはマネージする人のことを指します。
それでは『リーダー』とはどのような役割でしょうか?いくつか条件をあげてみました。

①自分だけではなく、部下全員の目標を達成させている。
②新しいアイデアを出し、それを実現させている。
③ポジティヴなエネルギーを発している。
④夢を語るだけでなく実現させようとしている。
⑤現状維持より変化を関係している。

『リーダー』とは組織が常に現状に満足することなく挑戦し、なおかつ成長するために努力する存在なのです。
さて、この役割は会社内では誰が担うのでしょうか?

本当の『リーダー』が不足している?

リーダーとは『やばい!会社はこのままではいけない!』とチーム内の雰囲気がそうなった時に頼りにされる人が『リーダー』にふさわしい人です。
前項であげた①〜⑤が当てはまれば、あなたは『リーダー』にふさわしい人材です。
しかしながら、なかなかそのような人材がいないことも現状あると思います。
そのために『これからのリーダーが備えるべき資質』を4つあげます。

①勇気(反対意見は最初のステップと思え!)
②気遣い(部下ひとりひとりへ声をかけることはあたりまえだ!)
③柔軟性(ゴールへ向かうルートはひとつじゃない!)
④影響力(影響力とは高圧的であることではない。)

この4つの資質を身につけることで『優秀なリーダー』への第一歩へと踏み出すことが出来るのです。
是非、この4つの資質を備えて本当の『リーダー』になりましょう!

『飛躍する勤労 ~転属は進化のチャンス!~』先行予約開始中!

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)