右から左へ受け流す!

チャラチャチャチャラッチャ〜、チャラチャチャチャラッチャ〜
ムーディのぞえです。

あなたは『批判』をされたらどのような対応をしますか?
◉やられたらやり返す。倍返しだ!
◉ハッとしてグッと堪える。
◉言うよねぇ〜と笑ってごまかす。
◉右から左へ受け流す。

誰だって批判されるのは好きではない、だからつい反論してしまう。
批判を反論すると….『倍返しだ!』
争いは終わらない。
批判のエンドレスループほど時間の無駄はない。

批判には『肯定』で立ち向かえ!

以前2ちゃんねるの開設者である西村博之さんが以前批判を受けた際の対処法として「ですよねぇ」と答えると話していた。
その理由は簡単で「話をしたところで反対意見はその人にとっては事実なので」と答えた。
いわゆる価値観の違いを修正することは無意味だと言っているのだ。

もし、批判されたら「そうなんだよねぇ〜」と返してみよう。
批判した相手は「おっ….おぅ」と拍子抜けするはずだ。

批判した相手を格下にする

先のやり取りを見ている周りの人はどう思うだろうか?
きっと批判した相手が『格下』で、肯定したあなたを『格上』と見るだろう。

例えば講演会の質疑応答でも、質問をしているつもりなのか持論をぶつけて場を白けさせる目立つことが好きな人がいる。
「あなたの考えは違う!、私の考えは…」と演説が始まる。
ここで不慣れな講演者はムキになって「そんなことはない!」と応戦して会か混乱していく。

同じ土俵で勝負しない

慣れた講演者は相手の挑発に乗ることはしない。
僕も人前で話をする時がありますが、そんな時も「そうですよねぇ〜わかります。」と言って次の話に移行します。
そういう人と同じ土俵で勝負はしない。ということを心がけている。
これを知ってるだけで主導権を握ることが出来ます。

反論されたら「そうだよねぇ〜」この一言で全戦全勝ですよ!
ぜひ一度お試しあれ。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定