自信をもって具体的にしよう。

それで、結局いつになるの?

ビジネスの現場でよく耳にするセリフ「言い訳はいいから、結局いつ出来るんだ?」問い詰める側も決して怒っているわけではありません。『具体的な』返答をもらえないことへの苛立つ気持ちが語気を強くしているのです。
その語気の強さが逆に仇となってしまい、問い合わせを受けた人はますます返答に困ってしまう。
そこでまた『言い訳』を始めてしまう。

 

急かしてはいない。正確な日程を知りたいだけなのです。

この場合、確認をしておかなくてはならないことがあります。
先ほどの会話で先方はあなたに何を求めたのでしょうか?
●催促
●問い合わせ
どちらでしょうか?
先ほどの会話を少し巻き戻してみましょう。

① 先方「もしもし。Aさん?この前頼んだ商品『いつ』になるかな?」
② Aさん「あ…はい。いま一生懸命やってます。」
③ 先方「それで、『いつ』になるのかな?」
④ Aさん「そぉ〜ですねぇ(やばい、催促されてる?)」
⑤ Aさん「いまですね、現場で作業していて最終工程まで進んでるんです。そして最終チェ..」
⑥ 先方「いや、だから『いつ』になるのか。聞いてるの!」(イライラ….)
⑦ Aさん「ですから、いま最終工程で….」(イライラ…)

おわかりいただけるでしょうか?
先方さんは初志貫徹『いつ』しか聞いてません。それなのにAさんはのらりくらりしながら『いつ』を答えない。なぜ、こんな簡単なことが出来ないのでしょうか?、しかも、Aさんは電話が終わったら管理部にこのように言うのです。「先方さんから『催促』されちゃったよ」と、それを聞いた管理部はどう思うでしょうか?。Aさんが『催促』されている現場に連絡して優先して処理してもらえるように現場に指示をする。
そうなると現場はいい迷惑です。Aさんの応対があいまいだったために現場の作業段取りが大幅に変更されてしまったのです。

 

なぜ『具体的』にした方がいいのか?

先方さんはなぜ『いつ』と聞いてきたのか?。そのことを理解しないと『具体的』すべき事がわからないだろう。この場合先方さんは納期を急いでいたのでしょうか?。この会話の段階ではまだわかりません。『いつ』としか聞いてないからです。それがAさんの回答が曖昧なために先方さんが『まさか、進行してないのではないか」と不安になって「いつ?」「いつ?」と『催促』のようになってしまったのです。
それでは、この場合はどのように答えた方がいいのか?。そこには先方さんが『どのような依頼していたのか?』ということも関係してきます。

『先方さん』がAさんに依頼した際に
① 納期が明確でなかった。(○月初旬などの大まかな希望)
② 納期が明確だった。(○月○日)

①の場合は大まかな納期設定であるため先方さんは『いつだった?』の要素が強くAさんの報告を聞いてからそのあとの行動を決めようと思っている受動的な問い合わせです。
②は納期が注文段階で明確である。それはその日に商品が必要であるための確認である。
それでは先方さんは①②のどちらになるだろう?『いつ?』と聞いているのですから①ですね。その場合Aさんは社内で進行している納入日を答えればいいのです。それだけなのです。それに対して先方さんが「わかった」と答えるか?「もう少し早くなるかな?」と答えるか?は、いまの段階ではわかりません。それなのに自分勝手に『問い合わせ』を『催促』にしまってはいけません。
先方さんは『いつになるか』を知りたいだけですから。

 

自分の仕事に自信を持って『具体的』答えろ!

自分の仕事に自信を持っていれば『具体的』に答える事ができます。まわりを見回してほください。優秀な人は『自信を持って具体的』に行動していませんか?。別に特別なことはしていません『堂々と具体的にありのまま』を答えているだけなのです。自信は安心を生みます。ビジネスに限らずパートナーに安心を与えたいのであれば『自信を持って具体的』に答えるようにしましょう。それだけでいいのです。小難しい現状報告や言い訳を話して安心するのは自分だけです。ビジネスでは自分が安心するのではなく、相手を安心させましょう。
そのためには『具体的』に説明する必要があるのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

東京アールズクリニック すっきり爽快青汁

Brabianca MONOVOヘアリムーバークリーム

Follow me!