無料公開とチャートアクション(その2)

MixTapeとは?

『ミックステープ』って聞くとDJが選曲した音源を繋げてひとつにしたものと思われた方は…僕と同年代です!

『ミックステープ』とは
話せば長くなるのでこちらの記事をご参照ください⬇︎
ネットでディグり、無料で落とす公式音源 -ミックステープ入門編-

わかりやすく言えば『公式の無料音源集』です。
『無料』と付くと
出来がイマイチなんでしょ?
とか、
無名の人たちばかりなんでしょ?
などと思われるかもしれませんが全然そんなことはありません。

僕が普段チェックしているDatPiffというサイトではアマチュアのアーティストも多くいますが中には…
J Cale
Drake
The Weekend
Chance The Ripper
Frank Ocean
Trey Songs
などのヒットチャート常連のアーティストも数多く作品を発表しています。

『無料』だけど質は『有料』並み!

無料なのに有料並みのコンテンツ
海外のアーティストってこんな簡単に楽曲作れるの?って思うくらいに高品質の楽曲を配信しています。

これもある種の全内容無料公開広報活動ですよね。
漫才でいうなら「名前だけでも覚えてやってください!」的な感じで楽曲配信をしているのだと思います。
そこでいろんな人に聴いてもらって気に入ってもらえたら最終的にセールスに繋がっているみたいです。

これって(レコード会社)レーベルの力を全く使ってないですよね。
レコード会社を通さないで勝手に作成して配信しているらしいです。

厳密に言えば黙認らしいですが。
まぁ、宣伝になるからいいや!的な。
それって日本では難しそうですね。

超どメジャーのDrakeさんも多くのMixTapeを発表しています!

このようなサイトを見ているとこれからは個人を売り込んで力(魅力)があれば成果をあげられるチャンスがどこにでもある時代になったことを痛感します。

そして『無料公開』であったとしても実力があればマネタイズ出来ることが想像できます。
それは誰にでもチャンスがある一方で実力がなければ勝てなくなるということです。

去年あたりからその傾向が強くなりました。
そして、今年はもっと強くなるでしょう。

….頑張らなくちゃな。

小岩寺子屋 リーダーシップ講座 参加申し込み中!

Follow me!