曜日を意識しよう。

I Don’t Like Monday ♪〜

月曜日なんて大っ嫌いだぁ〜
学校なんて無くなっちゃえ〜
会社なんてなくなっちゃえ〜
なんて言って銃乱射しちゃダメですよ!

SNSを見ていると「月曜日なんて来なければいいのになぁ」とつぶやいている人が多くいます。
その裏には「日曜が終わって、これからまた5日間、会社へ行かなければならない…」という思いが前提にあります。

サザエさんの終わりを聞くと寂しくなるアレですね。

また、その逆に金曜日の朝になれば「今日が終われば、明日から2日休みだ!!!」月曜日の朝とは違った気持ちになります。

何曜日にメール出すのが正解?

このようにビジネスパーソンは『曜日によってモチベーションを左右されます』
憂鬱な月曜日に決戦な金曜日
誰もが1週間をひとつのサイクルとしてとらえて仕事をしていると思います。

このサイクルをうまく利用する人は成果をあげるビジネスマンと言えるでしょう。

例えば
◉依頼のメールは?
◉断りのメールは?
いつ出すのがいいでしょうか?

日常的に必要なことに関しては曜日を気にせずに連絡をし合うことは当然曜日を気にすることはありませんが、特にお願いしたい時や断りにくい時などは『曜日』の感覚を利用した方がいいでしょう。

特典付き『飛躍する勤労』予約受付中!

ビジネスパーソンには『曜日』のサイクルがある。

『曜日によってモチベーションを左右されます』と書きました。
それは『曜日のリズム』によってやる気が左右されるとも言えます。

依頼ごとは月曜日にすることで、その1週間は依頼された件に忘れることはないでしょう。
そして金曜日に断ったり謝ったりしたことは、相手が土日に気持ちをリセットしてくれるので翌週まで持ち越すことはよほど大きな問題でない限り少ないと言えます。

出来る人、優秀な人と言われる人たちは『曜日』を意識した心理を利用しています。

2018年1月23日『小岩寺子屋 リーダーシップ講座』

Follow me!