挑戦に理由はいらない?

ビジョンを与えられみたいなこと書いてますけど…

自分が挑戦しようとすると外野からこのような言葉を言われたことがないでしょうか?
「目的は?」
「どうして、それをやりたいの?」
だいたいがちょっと知ったかぶりした上司が口にするケースが多い。
自分が管理職だった時はどうだったかな?

ミッションが大事だ!
以前はこのような言葉を使っていた。

そして、今…
「別にミッションなくてもいいんじゃない?」
と思っている。

 

『やりたいからやる。』でいいんじゃないかな?

すべての理屈に対して『やりたいから』でいいんじゃないかな?
ミッションは?
ビジョンは?
目的は?
そんなことはやりながら考えればいいんじゃないか?

最初は『やりたいから』が同期で始めても途中で必ず大きな問題や壁にぶち当たる。
その時に目的やミッションが必要と気づくだろう。
それでいいと思う。

 

失敗しても挑戦した人の意見を参考にした方がいい。

したり顔でわかったようなことをいう人よりも多くの挑戦をした人の意見を参考にしよう。
その人の体験は『やった人でないとわからない事』だからだ。
どこかで読んだビジネス書の受け売りのビジョンやミッションでは前に進むことは出来ないだろう。
なぜなら目的やミッションを考えている間にリスクを取るようになって結局動けなくなるからだ。
失敗を恐れずに数多くの挑戦をした人のみが成功を手にできるのです。

挑戦する時はシンプルに
『やりたいから、、、やる!』
それだけで十分なのです。

 

読みやすいと好評!初の著書 挑戦と失敗のビジネス書

 

noteにて連載中

Follow me!