熱い気持ちを伝染させろ!

思い立ったが吉日

思い立ったが吉日とは、何かをしようと決意したら、そう思った日を吉日としてすぐに取りかかるのが良いということ。

「また、ノゾエさんなんか言ってるよ」

部下の顔を見たらそんな風に聞こえてきそうだ。
僕は常々「思い立ったが吉日」という言葉を大事にしている。
その時に思ったことはすぐに行動に移すべき。
そう考えている。

特に改善事業に関してはその場ですぐに行動するべきだ。
部下の多くが「わかりました。後でやっておきます」と言っても簡単なことであれば「いや、いまやってくれ」という。

 

改善作業はスピードが命だ

「明日やります」「来週やります」ではダメだ。
今すぐに行動して結果を見なくては次に活かせない。
そのためにリーダーはどうするべきか。
それは普段から『仕事に対する熱い気持ち』をメンバーに伝えるようにしよう。
活動的なチームのリーダーは情熱的だ。
それは大声で怒鳴りまくるとか表面的な問題ではなく。
仕事に対する信念のことだ。
自分の気持ちを前面に出してメンバーに伝える。
リーダーとは
管理するのではなくリード、すなわち先導するべき人なのです。

 

熱い気持ちを伝染させろ!

熱い気持ちは伝染する。
その方法はメンバーに任せることだ。
自分ひとりで熱くなるのではなくチーム全体が熱くなるようにリーダーは演出しなくてはならない。
メンバーには責任を与えよう。
責任を与える=任せる
リーダーはメンバーを信頼し任せる。
メンバーはそれに応えるように行動する。
失敗しても構わない。
何度でも挑戦すればいい。
その繰り返しが熱いチームへとなるのです。

 

管理する必要はない。
自分はリードすれば良いだけ、
そして指導するべきことがなくなれば任せてしまえばいい。
(飛躍する勤労 第5章『管理するな指導しろ!』より)

 

 

やる気が空回りしている人のためのビジネス書 好評発売中!

Follow me!