出世はしないよりした方がいい

出世なんていいですよ…
そんな言葉を何度聞いたことでしょう。
自分の部下が出世を望んでいないと思うと上司としてすごく責任を感じた。

そんなに出世することが嫌なのか?
僕は出世したくて仕方なかった。
中途入社した会社で僕は先輩に常々
「俺、30歳までには課長になって、40には部長に…」なんて言ってました。

30歳で課長になることは出来ませんでしたが40代で部長になることができました。
その後すぐにやめちゃったんですけど…
でも、出世はいい。
出世はするべきだ。
これは間違いない。

 

責任持ちたくないですよ!

部下に理由を聞いてみる。
なぜ出世したくないのか?
「リーダーになったら責任ばかり重くなって辛そうで良いことないですよ」
そのような答えが返ってくる。

なぜ?経験したこともないのに責任が重くなって辛いと思うのだろう。
そこには職場環境が大きく関係しているようだ。
僕は感謝すべきことに関わった上司の多くが「出世はいいもの」という風に指導を受けてきた。
それは上司にゴマをすって上に立てという意味ではなく。
もちろん給料が上がるためというわけでもなかった。
給料が上がるに関しては結果論だ。

出世を望まない上司の下で仕事をしていると彼らは常日頃からつまらなそうに管理職の仕事をする。
そして口々に「出世しても良いことないぞ」と部下を洗脳する。
気をつけた方がいい。
そのような上司は部下に「出世しようと思うなよ!」と言っているのだ。
優秀な部下が自分の立場を脅かさないように…

もし、そのような事を言うような上司がいたらこう言ってみるといい。
「そんなに嫌なら僕が変わりますよ」と
僕は過去に一度だけそのような事を言いました。

 

なぜ、出世をした方がいいのか?

答えはシンプルで『やりたい仕事に集中』できるからです。
雑用をすることも少なくなり常に自分がこれからやるべき仕事に対して時間を使うことが出来ます。
その成果が実れば給料も上がり生活にゆとりが出てきます。
無いよりはあった方がいいですもんね、お金。
出世のいいところは、自分の得意なことで勝負をしつつ成果をあげて生活にゆとりある生活ができます。

やらずに逃げるよりは一度経験してから辞退すればいい。
実際には一度経験して降格させて欲しいと願うものは少ない。
「先の出世してもいいことないぞ」と言っていた上司もしぶとく管理職にいました。

管理職は恵まれているのです。
たかが責任が重くなる程度で逃げていてはもったいないのです。
あなたに出世のチャンスが回ってきたなら…
ひとつ返事で受けるべきでしょう。
経験したから言えます。

自分の得意技で仕事できる気持ち良さを是非味わって欲しいと思います。

出世はいいですよ!

 

組織からはみ出す人のビジネス書 好評発売中!

 

 

Follow me!