成果をあげ続ける営業マンの覚悟

成果をあげ続ける営業マンの多くは商談の現場で媚を売ることはしない。
むしろ得意先の方が営業マンに対して全幅の信頼を寄せていることの方が多い。
営業マンがここまでになるためには、その道のプロとして圧倒的な知識や情報量、そして多くの場数をどれだけ熟したか?という努力にほかならない。
そして、その営業マンはキャリアの浅い頃から決死して媚びることはしていませんでした。

 

媚びない人のビジネス書

 

ところであなたは自分がビジネスの現場で商談しているところを家族や恋人に見られたとしても恥ずかしくないだろうか?
媚びることなく成果をあげ続ける営業マンはどんな時でも本気で目の前のビジネスに対して取り組んでいる。その姿は得意先に対しても嘘がなく、思いは伝わるのです。

 

成功をし続けることが出来ない営業マンは会社の都合を得意先に押し付ける

僕が営業マンだった時のセリフでこういう言葉がある。
「仮に会社がOKと言っても、僕が許可できません。」
これは僕が得意先に対して会社の都合で商談をしていないという意思表示でした。
もちろん逆に「会社がダメと言っても、僕が通します!」と商談を進めることもあった。
「会社がぁ〜」「会社のぉ〜」「今月の予算がぁ〜」などと泣き言を言っている営業マンのセリフは得意先にとっては知ったことではないわけで迷惑な話だ。
そして、得意先はその営業マンにこう思うだろう「彼がウチの担当で大丈夫か?」と…

 

得意先は営業マンのポジションが高い人とビジネスをしたい!

「なんだ?今度の担当はヒラかよ?」
これは僕が入社5年目の時にある得意先より言われたセリフです。
その得意先は取引金額が社内上位3社に入る量販店でした。
僕が担当する前までは営業部長、営業課長と役職持ちが担当をしていました。
それを突然平社員が担当することになる。
当然得意先の社長は面白くなかった。

得意先は担当営業の社内のポジションが自分の会社に対するポジション(評価)と考えるのです。
すなわち、得意先は『評価を下げられた』と考えたのだ。
そしてこうも思う。
『新しい営業マンはなにかあった時には会社のいいなりになるだろう。』
それでは成果をあげることは難しい。

僕はそう思わせないために「仮に会社がOKと言っても、僕が許可できません。」というセリフをいうのだ。
顧客ファースト、得意先ファースト、などの言葉だけで終わらせないために、言行が一致させ続けることが媚びない営業マンへと進化するのです。

そのためには組織からはみ出す覚悟が必要になのです。

Follow me!