「誰か紹介してください!」という人に紹介はしてはいけない。

数年前に信頼している先輩からある人を紹介していただいた時の話です。
紹介してくれた先輩のことを僕は本当に信頼していたので、その申し出を断る理由はないと会うことにしました。そこで僕は心底失望をすることになるのです。

僕は紹介された人と会ってそこで驚くべきセリフを耳にしたのだ。
「ノゾエさん、誰かいい人いたら紹介してくださいよ!」と声をかけて来たのです。
ちなみにその人と僕は会って30分も経っていない。

この紹介された人は僕に対して大きな勘違いをしているのだ。
それは僕が信頼しているのは紹介してくれた人であってあなたではないということを。
どこの世界に出会って数十分の人に自分の大事な知人を紹介するのだろう。
もし、そのような人がいるなら僕の方こそ紹介して欲しいくらいだ。

 

「紹介してください」とは自分からは言わない方がいい

なぜなら『紹介』とは相手からされるものである。
先の話では僕の信頼する先輩からの『紹介』だから会った。
ここで重要なことは僕にとって需要なことは紹介される人よりも紹介する人物である。
すなわち紹介する人物が信頼する先輩だから会ったのだ。
だから、この紹介される人がビジネスの世界でどんなに実績をあげた人であってもこの時点ではさほど重要ではない。

僕が信頼する先輩は彼のビジネスセンスはきっと僕のためになるだろうから『紹介』しようと気を使ってくれたのだろう。しかし、彼は僕が信頼する先輩の紹介だから無条件で自分のことも信頼するだろうと思ったのだろう。
それはあまりにも対応として軽率すぎる。

人を紹介するということは大変なことなのです。
自分にとってはあまりメリットもないのに、時間を割いて連絡をしたりとしなくてはならないのです。しかも、一度で連絡がつくとは限らない。
「紹介してください」と簡単に声をかけてくる人は、その苦労を再確認する必要がある。
しかも、そのような人に限って紹介された人に対して『見込みになる』や『面白くなかった』などと評価をする。
そもそも論で相手は自分から会いたいとは一言も言っていないのだ。
自分が紹介してくれと言ったことを忘れてはならない。
きっと僕も彼の話を聞く態度を感じて『見込みがない』と評価したようだ、そのことを彼は僕の信頼する先輩に伝えた。
先輩は「なんで、私が紹介したのに!」と憤った声で電話をかけて来たが、そもそも僕は合わせてくれとは一言も言っていない。
仮に合わせてくれと言ったとしても早々に「誰か紹介してくれ」と話すような人物を信頼することはない。
残念ながら僕はこの一件でその信頼する先輩と線を引いてしまうのでした。

人を紹介してもらうことの重さは認識しないとならない。

ちなみに僕がその彼に返した言葉は「それなら、先に僕に紹介してください(笑)」でした。
その時の彼の顔は「なに言ってるの?誰が君に紹介しなくちゃいけないの?」って感じでしたけど。

自分は紹介してもらえて、他人には紹介しない。

人を紹介するのは本当に難しいです。
やはり紹介する側よりされる側になりたいものですね。

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

野添猛臣関連書籍

Galaxy Books

 

TAKE PUBLISHING

 

 

Follow me!