先手必勝

挨拶の基本は、
自分から発信しましょう!
先手必勝!

それはコンビニやレストランなどで自分がお客の立場であったとしても挨拶は先にしてみよう。
例えばコンビニでお釣りをもらった際に「ありがとう」と言ってみたらどうだろう?一瞬店員さんは戸惑うかもしれないが嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

僕はあるコンビニで週に一度決まって買い物を朝するのですが、その際レジに商品を出す際に必ず「おはようございます」と声をかけている。
その習慣は先にレジ係の方が商品を受け取る際に「おはようございます」と声をかけてきたからだ。
それ以来、この挨拶が習慣となっている。

すなわち「挨拶は先手必勝」なのである。

 

ブランディングをあげたいなら

一番てっとり早い方法は「先手必勝で挨拶をすること」だ。
特別難しいことをする必要はない。
些細なことをさりげなくこなすことで価値があがることがある。
コンビニで「ありがとう」
レストランで「ごちそうさま」
このセリフを言うのに何秒かかるだろう?

自分は客だからお礼を言う必要などないと考えでいると自分の価値を下げてしまうかもしれません。

少々偏見もあるかもしれませんが、お客の立場で「ありがとう」「ごちそうさま」が言える人は普段よりマナーが出来ているので、組織でのポジションも高い。
それは心の余裕が出来ていているからだ。

そういう人は自分だけではなく周りにも気を使えるだから、会う人たちにも「もう一度会いたい」「あの人と仕事したい」と思われる存在になっていくのではないでしょうか?

 

挨拶は先手必勝ですよ。

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

野添猛臣関連書籍

Galaxy Books

 

TAKE PUBLISHING

 

 

Follow me!