成功者のアドバイスは『とりあえず、やってみろ!』

成功を目指すのであれば、目上の人脈は必要不可欠です。
その理由は成功は目上の人から引っ張り上げてもらえることが多いからです。
*僕の経験談は著書『飛躍する勤労 ~転属は進化のチャンス!~』にたっぷり書いています。機会がありましたら、是非読んでみてください。

僕は運良く外部の目上の方に引っ張り上げてもらえましたが、実際は自分がいま所属している場所の目上の人があなたを引っ張り上げる存在になるはずです。
その先に成功した人たちが「こっちに来いよ!」と声をかけてもらえることが成功への第一歩となるのです。

僕の周りでも一生懸命頑張って実力を磨いたのに、結局出世とは無縁の会社員人生を閉じてしまう人の多くは、上から引っ張り上げてもらえないからなのです。
もっといえば、引っ張り上げてくれる人がいなかったからです。
実際このような人は掃いて捨てるほどいます。
「なぜあれほどの実力があるのに、主任で終わってしまったのか?」
「なぜ彼は実績を残し続けているのに、認められないのか?」
そのような人があなたの周りにも多くいると思います。
その理由はシンプルで結局は目上の人に嫌われていたからです。

もっと言えば、あなたことを引っ張り上げようと思う人が誰一人いなかった。
それだけなのです。
別にみんなに好かれなくてもいい。
嫌われても気にしない。
周りに敵がいても問題ない。
でも、、、

味方が一人もいなければ、成功をすることは出来ません。

優秀な人ほどこのことを見落としがちなのです。
優秀な人ほどこの大切なことを見落として、自分の正論ばかりを主張してしまいます。正論を主張することは別に悪いことではありませんが、ここで大切なことは自分の味方がいない中で主張したところで話にならないということです。

なぜそのような人に味方がいないのか?
その理由は『かわいげ』がないからです。
『かわいげ』というと、目上の人に媚びてゴマをすらなければならないといけないというわけではない。
目上の人からアドバイスをもらった際、自分の中では消化しきれないで納得いかないことだとしても、しつこく理由を聞かずにまずはやってみることです。
成功者の多くが嫌う人の共通点にアドバイスをした際に、受けた人がそのことをやる理由をしつこく聞く人をあげています。

それは、自分の成功経験や知識を教えてやっているにも関わらず、それを疑ってかかるような人に対していい気分がしないのは当然です。
成功者から言わせたら『とりあえず、やってみろ!』と思うでしょう。
せっかくアドバイスをもらっているにも関わらず、その上に納得までさせてもらおうと考える図々しい人は目上の人たちが離れていきます。

成功するためには目上の人に引っ張り上げてもらうことが大事です。
そのためにも成功者のアドバイスは『とりあえず、やってみる!』
意味はそれから考えればいいのです。

 

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

野添猛臣 関連書籍販売中

 

 

 

 

Follow me!