プロを目指そう!(上位2割を目指せ!)

仕事はプロになればなるほど楽しいに決まっている。
大企業、中小零細企業や総合商社に勤めているからといってプロとは言えない。
広告代理店に勤めているから、そこで働く人は広告のプロなのか?
出版社に勤めているから、そこで勤めている人は出版のプロなのか?
いま自分が働いている会社を見ればわかるのではないでしょうか?

 

その組織の中でプロと呼ばれる人は多くて全体の2割程度です。

 

では、残りの8割はどうなのでしょうか?
そのような人たちは会社の看板でプロのつもりでいるが実力はまったく伴っていない。
つまりは本当のプロではないという事です。
では、8割のプロではない人たちは得をしているのかというと、決してそんなことはありません。
プロとしての仕事をしていないにも関わらず、いつも辛そうな顔をして仕事をしている。
プロじゃない自分に嘘をついて組織にいることは、心身ともに疲れることでしょう。
あなたの周りに普段から仕事を辛そうにしている人はいませんか?その人は間違いなく8割の人です。

 

 

その道のプロとして頑張りたいと思うのであれば、何としても上位2割のプロ集団に入る必要があるのです。特に若いうちは、上位2割に入るために生活を捧げた方がいいでしょう。
このことを言い変えるならば、生活を捧げる価値のない仕事をもし今しているのであれば悪いことは言いません。すぐに辞めてしまった方がいいでしょう。
縁あって入社した会社を辞めてしまうのはもったいないと思うよりも、残り人生を不向きな仕事を嫌々して、貴重な時間の無駄使いをする方が遥かにもったいない。

一度上位2割に入ることが出来たら、その後は安泰なのです。

そのためには、自分はプロになると決断することから始めましょう。
あなたは今いる会社で上位2割になれますか?

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」 非常識な転職「大」成功術!

Follow me!