仕事における失敗には『許されるもの』よ『許されないもの』がある。

仕事をすればするほど誰でも失敗をします。
失敗にはいろんな種類があります。
・単純なミス、いわゆるケアレスミスといわれるもの
・一度失敗したものを繰り返してしまう
・指示を無視した結果に起きた失敗
・積極的に挑戦した結果起きた失敗
他にもあるでしょう。

失敗にはざっくり分けると『許される失敗』と『許されない失敗』の2つがあります。
ビジネスの現場では失敗の上に成り立っています。「失敗の可能性がない」仕事などないのです。しかし、「なんでも失敗してもいいのか?」というと、そうとは言えません。
重要なことは、「許されない失敗」をしてはいけないということです。

許される失敗とは、影響度の小さい失敗です。そして、許されない失敗とは、その後の影響が大きいものです。その『影響』とは、失敗が起きたことで発生する被害の度合いを言います。

では、どうすれば許されない失敗は回避できるのか?
それは仕事はひとりですることは少ないので事前の確認を怠らなければ多くの場合は回避することが出来ます。
資料を作成する場合は依頼者に作成の注意点を確認する。もしくは作成した資料を第3者に提出前に確認してもらう。どのような仕事をする前に必ず事前確認をする習慣を身につけておけば許されない失敗は回避出来るでしょう。

 

Follow me!