納期を自分から宣言する。

仕事を依頼された時に、相手は納期をはっきり言わないことがあります。そのような仕事に対して、納期を明確にされたものを優先して先延ばしにしたりしていませんか?
普段から忙しいと、納期を決めない方がこちらも気持ち的に都合がいいので、「では、なる早で」なんて、適当に納期を返事してしまいます。その結果、しばらくしてから、クライアントや上司などから「あの件はどうなった?」や「まだ、やってないのか!?」と言われてしまい、信用を損ねてしまいます。
それはとてももったいないことです。

ビジネスの場合では、どのような仕事に対しても『納期を明確にすることは当然のルール』です。
『とりあえず、なるべく早く』というような感じで、相手から期限が明確に提示され依頼案件の場合でも依頼主に対して「では、1週間程度時間をください。」や「今週末までには返事します。」といった、大まかな日程でもいいので自分から期限を決めて相手に伝えましょう。
そのようにすることで、ずるずると後回しにすることを防ぐことが出来ます。
ずるずる後回しにすると、その時に依頼された内容の細かい詳細などを忘れてしまって、余計に手間がかかってしまうのです。

上司だけではなく同僚たちのちょっとした仕事の依頼を受けた時も同様に「わかった。じゃぁ、明日中に仕上げて渡すよ」というように、同僚に対しても上司と同様に納期を明確にすることで、信頼感が増します。加えて、その宣言した納期より少しでも早く仕上げることが出来たなら、あなたの信用はもっとアップするでしょう。

 

 

このことはビジネスの現場に限ったことではありません。
普段の生活でも同じで、部屋の模様替えなども「今週末の休みに必ずやる!」と宣言することで模様替えに対するやる気、モチベーションがアップします。

僕が大変お世話になった先生はセミナーなどで、僕たちに指導してくれた時に必ず期限を決めていました。「いつから始める?」「いつまでに終わる?」という風にコミットするようにしていました。
セミナーなどで聞いた話を「参考になりました!うちの会社でもやってみます」と感想を話すと先生は必ず「そう。いつから始めるの?」と聞いてきます。
これは『鉄は熱いうちに打て』ではありませんが、いま思ったことを行動に移すためには開始時期を明確にすることは、とても重要なことなのです。
特に会社で会議で案が出た時には「いつから始めるのか?」と明確にした方がいいでしょう。そのことを明確にしないと『言いぱなし』で終わってしまいます。

このように納期や開始時期を明確に宣言することで、先延ばしにする前に行動する習慣をつけることが出来るのです。

 

Follow me!