本を読むことで知識と運をつけましょう。

もし自分の人生がリセットできるのなら、私たちの生き方はは今と全く違ったことでしょう。しかし、人生は一度きりです。この一度しかない人生をいかに充実して豊かに生きてゆくか。
そのヒントに『本を読む』ことにあると思います。
それは小説、エッセイ、SF、実用的な本などさまざまな種類の本があります。その本の中には著者の経験に基づいた経験や知識が盛り込まれていて、自分の人生では経験することない新しい何かが書いているはずです。

 

本を読むことで、今と違った人生を経験する。

著者にとって、どのようなジャンルの本であっても1冊の本を書くと言うことは、人に何かを伝えたいからで、そのために著者が今まで生きてきた全てのことを言葉を使って表現しているのです。だから、フィクションであっても、ノンフィクションであったとしても、読者になんらかのメッセージを与えることができるのです。

 

野添猛臣 関連書籍

 

 

時間があれば『本屋』に行こう。

僕は時間を見つけては『本屋』に立ち寄ります。
本屋でたくさんの本を眺めているのが、気分がいい。
今は仕事の関係からビジネス系の実用書コーナー、エッセイコーナーに立ち寄ることが多いのですが、表紙を見て最近の売れ筋の装丁を眺めて仕事のヒントにしたり、ページをパラパラめくると目に入る情報をキャッチしてモチベーションをあげています。
基本的に本を買うときは『感覚』で買うので積読書が増えていく一方です。

 

成功者の本を読む

『目指す人がいるのなら、その人に会うよりも、その人が書いた本を読んだ方がいい。』

以前どこかで見たフレーズです。その理由は過去の人であったとしても、リアルタイムで成功している人であっても、そこには必ず成功へのポイントが潜んでいます。そのヒントを文中からキャッチして自分の中に取り込む作業は、その人に実際に会うよりも効果的だと言われています。
その本を読むことで、著者の成功のポイントを理解して自分のそのような人になれるような気がします。

読書とは、その物語の主役や著者と出会い、知識や経験を共有する場なのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

話題独占!!Youtube広告界の”ドン” YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

マカド! Amazon総合管理システム

【支持されて7周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

 

Follow me!