中小企業管理職がやっちゃいけない事

あなたは誰を見て仕事をしているのですか?
会社員時代そう思う時がしばしばあった。
それは管理職が社長の顔色を見ながら仕事をして、その管理職の顔色を部下が見て仕事をしている姿を見た時です。
これは同族系中小企業にありがちな構図です。

メンバーが全員イエスマンばかりになってしまう。
メンバーが全員イエスマンになることは悪いことなのか?
管理職の言うことを「はい!」と聞く組織。
最高じゃないですか!

それって、本当でしょうか?

 

議論の起こらない会社に成長はない

自分も管理職経験がありますが、自分の考えに対して逆の意見を言うメンバーをプロジェクトから意識的に外すことはしませんでした。
むしろ、さりげなくメンバーに加えていました。
その理由は議論が起こることで。リーダーの考えをチームメンバーのレベルにあった方向に合わせることができるからです。
必ずしもリーダーの考えが正しいとは限りません。
仮に正しかったとしても、それがチームや会社を取り巻く環境にあっているのか?、そう考えた時に意見を持つメンバーが必要なのです。
だから異論を持つメンバーを疎ましく思ってはいけない。

 

 

 

異論のない組織はいい組織なのか?

管理職が社長を見ているチームには異論は起きない。
管理職の考えがトップダウンで進んで行く。
それが仮に間違った判断だとしても。
それはとても危険なことです。
そんなことはメンバー全員もわかっている。
しかし、異論を起こすことが出来ないのです。

異論を通そうとすると管理職は「なんだコイツ、俺に意見するのか?。わかっていないくせに」とレッテル貼ってしまう。
このレッテルは一度貼られたら剥がすことは容易ではない。
しかも、そのレッテルは全く無関係の社長にも貼られてしまうのです。
そうなってしまったら終わりです。
この記事を読んでいる人でも経験がないでしょうか?。
同族系中小企業あるあるです。

 

ある日突然無視された。
その理由もわからず。
社長とも話をしたことないのに、どうして?

見せしめ。

 

メンバーは全員知っている。

あんな風にはなりたくない。

メンバーは思う。
「表面では笑っているけれど、背中を向けたら貴方は私のことを社長になんと報告するのですか?」
メンバーは管理職を疑う。
「会議室に社長と二人っきりで入ったら誰の噂をしているんですか?」

メンバーは疑心暗鬼になる。
そして、メンバーは自分を守るために仮面をつける。
社内掲示板では耳障りの言葉で返事をする。
文字から感情は読み取ることはできない。

社員全員が「いい子を演じて、そして諦めるのです。」

いやいや、そんなことはない。
ウチの会社はうまくいっている!

もしそう思うのであれば、いい検査方法がありますので、ぜひ確認して見てください。

あなたの会社では、ここ数年新人が毎年のように退職していませんか?

 

メンバーが信頼する上司とは

それはすごく簡単で管理ではなく指導をすればいいのです。
メンバーが成果を上げられるような指導をするだけでいいのです。
管理などする必要はないのです。

メンバーのために会社のために行動することです。
会社のための行動とは社長のために行動することではありません。
会社が永続的な活動が出来るためにはどうすればいいのか?
それを真剣に考えられる人こそが管理職となるべき人なのです。

あなたの上司がどうでしょうか?

 

インフォメーション

MeetsAgent BRANDMATCH(ブランドマッチ)

保育士求人サンライズ CodeCampGATE

Follow me!