すべてのことを頑張る必要はない。

限られた時間の中で成果を上げることが出来る人は自分の中で『優先順位』を設定して、数ある仕事の中から『どの仕事から手をつけるべきなのか?』を決めています。
例えば、1時間の中で10の案件を処理することが望まれているとしましょう、しかし、実際には1時間で10の案件をすべて処理することは出来ません。
この場合、1時間という限られた時間内頑張って終わらせようとすることは仕事の進め方としては間違っているのです。

限られた時間内で仕事を進める正しい方法は、『すべての仕事に全力で頑張る必要はありません。大事なことはすべての仕事の中でほんの一部だけで、その仕事を全力で頑張ればいい』のです。
つまりは、数ある仕事の中から何を解決すれば、一番成果があがるのかを考えて優先順位の高いものに力を入れることが正しい仕事の進め方なのです。

すぐに仕事に入ることをしないで『まず、何から進めるべきか』を考える人が成果をあげる人なのです。

 

 

 

頑張ることをやめたときから成果が出るのです。

限られた時間の中で成果を上げるためには、(すべての仕事を)頑張ってはいけません。一生懸命に頑張って仕事をしていると時間が増えたような錯覚を起こしてしまいますが、それは気のせいです。どんな人でも時間は減るものであって増えることはありません。
そのため、「すべての仕事を頑張って終わらせよう」と考えること自体が間違いなのです。では、どうすればいいのか?。
次のように考えてみてはいかがでしょうか?
「どの仕事に力を入れて処理すればいいのか?」

すべての仕事に対して頑張ろうと考える気持ちは素晴らしいのですが、それで成果が出なくては、ただの自己満足となってしまうのです。

会社が求めているのは成果であって、個人の自己満足ではないのです。

仕事に対する考え方のポイントを変えて行動することで成果があがる人材になれるのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

フォスターフリーランス

種類1

メンズ医療脱毛

Follow me!