上司を本気でサポートしましょう。

世の中には、上司が誰であっても批判的な態度を取る人がいますが、それは僕からすれば自分の能力が低いと言っているに過ぎません。上司の能力が低い、指示・指導が悪い、と批判をして何が良くなるのでしょうか?。あなたは、もっと自分が所属する部署や部門全体のことを考えて行動して、上司が指示・指導しやすい状態を作り出せばいいのです。
もちろん、人間ですから相性はあると思います。ですが、それと仕事は別だということです。

そのような批判的な人とは対照的で、上司を本気でサポートするということは、別の次元の話になります。例えば、今のあなたの上司が辞めたら、あなたは辞めますか?。上司が転属・転勤になった際に一緒についていきたいですか?。上司を本気でサポートするということは、それくらいの思い入れを持っていないとできないものです。それは上司がどうかということよりも、あなたがどのように考えているか、どのように付き合っていきたいのか?、ということを忘れないようにしましょう。

 

 

「上司を選ぶことはできない」
実際はそうかもしれません。会社によっては、その仕組みは変えられないかもしれません。ですが、だからと言って、他人のせい、会社のせいにしても何も良くならないのです。僕が常々思っていることは、自分でコントロールできることをコントロールできないものと考えても仕方がないのです。それは、できない理由を言い続けている人と同じで、自分のせいではないと言い続けているに過ぎないのです。

 

自分の上司はサポートに値しない人なのか?

もう一度自分の上司について考えてみましょう。本気で支えるに値しない人なのか?、それは上司のせいなのか?、それも自分自身の振る舞い・言動がそうさせているのか?、自分が嫌いだと思っている人は、相手もあなたのことを嫌いだと思っています。そのような単純なことも原因かもしれません。

普段から一生懸命に取り組んでいる部下に批判する上司は少ない。若手社員ならまだしも中堅社員にもなってもそのようなことをやらずに、評論ばかりしている部下は上司にとっては必要ないと思うでしょう。いま目の前にある仕事に真剣に取り組み、結果を出すということをやっている部下ならば、上司が支えたくなるものです。そして、そのようにしてくれる上司であれば、部下であるあなたも上司を支えたいと思うはずです。そういう関係を、誰が先に作り出すのか?。一度考えて見ましょう。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

Follow me!