価格勝負から逃げるためには圧倒的な品質を

このようなことを言ってしまっては誤解を生むかもしれませんが。
斜陽業界であればあるほど価格競争をしてしまう傾向があります。

消費者は安価な商品を求めている。
このような考えをもつ中小零細企業の経営者は少なくありません。
しかし、そこには『売り手』と『買い手』の認識の違いが生じているのかもしれません。
消費者は本当に『安い価格』を求めているのか?
実は『高い価格』でも、商品・サービスの価値が見合っていれば価格に関わらず消費行動は起こるのではないでしょうか?

 

消費行動は『価格ではなく』『価値で動く』

実はこれが非常に難しい。
『価値』とはどこにあるのか?
先の経営者は『価値』を低価格であると考える。
しかし、本当の価値は安い価格ではないことはわかっているはず。
そこを見つける努力をしないで安易に価格に価値を求めてしまうのです。
本当はもっと別のところに価値があるはずのだが。

その価値を見つけるためには、まず自らが取り扱っている商品・サービスの『質』をあげることです。それも中途半端なものではなく圧倒的なものでなくてはいけません。
圧倒的な質の差があれば価格の問題は二の次となります。

 

 

 

『価格』で人は動くが『価値』では人は動かない。

『価格が忘れられても、品質は存続する』

この言葉はロールス・ロイス社の創業者サー・フレデリック・ヘンリー・ロイス氏の名言です。
確かにロールス・ロイスは非常に高価です。
しかし、そこには価格に見合うだけの圧倒的な品質が保証されているのです。
この考えは車に限らず時計やバッグなどにも同様なことが言えます。
着け心地や使用感などの良し悪しはその時に実感します。
その時に残るのは『価格』ではなく『品質』なのです。

すなわち『価値』の正体は『品質』となるのです。
これからは人口が減少していきます。
中小・零細企業は今までのような大量ロット・生産をしていては時代に取り残されていきます。
中途半端な『品質』では価格競争に巻き込まれてしまうでしょう。
これからは圧倒的な『品質』で消費者を惹きつけなくてはならないのです。
消費者との絆を作るのは『価格』ではなく『圧倒的な品質』なのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

ライザップイングリッシュ  粋華男(イケメン)製作所

MATRIX TRADER  ハッピーカムカム

Follow me!