若手を育てたいと本気で願うなら

『若手が育たないのは誰のせい?』

それはリーダーや所属部署の先輩の影響がとても大きいのです。
後輩や部下が提案や新しいプロジェクトを立ち上げようとした時にこのようなセリフを言われたことはありませんか?

「まだ、入ったばかりのオマエに何がわかるんだ?」

自分が会社員の時も同様に思っていました。
「オマエ、わかったこと言ってるんじゃないよ!」

 

成長には個人差があります。

僕には会社員時代に大変お世話になった大先輩がいます。
その大先輩が言っていたことは「こんな仕事1年で覚えられないとダメだ」です。
特有の毒舌かと思えますが、僕にはあながちそうでもないと思っていました。

 

世の中には『感』のいいヤツはいる。

最初から何でも上手にこなすヤツはいるもので、そのような人は時として妬みの対象になることが多い。それがリーダーや先輩だったならばタチが悪い。
リーダーや先輩は『感』のいいメンバーを認めない。
それは自分が今まで積み重ねてきた『努力』や『経験』を否定されたような気がするからだ。

 

 

そのような人を使いこなしてこそのリーダー

以前に比べ技術や知識などにかける時間に価値は無くなりました。
そのことに気づかないリーダーは「最低3年は体験しないと…」などと根拠のない理屈でメンバーを押さえ込もうとします。しかし、そのようなことを言われて3年も待っている間に時代は大きく変化してしまいます。そして、何よりもメンバーのモチベーションは当時と比較し後退しているだろう。
リーダーはこのことに気づくべきだ。自分のチームのメンバーをくだらない時間の浪費でやる気を削ってしまってはならない。ということに。

 

リーダーは支援する立場でならなくてはならない。

メンバーの提案には可能な限り耳を傾けましょう。
その時に聞く姿勢は常に好意的でなくてはならない。
時代は変わり情報も常に新しくなっている。
それは価値観の変化を意味しています。

リーダーはメンバーの提案を実行させた方が良いでしょう。
そして、その責任はメンバー自身に取らせることです。
責任感=任せることで生まれるのです。
そのようにしてメンバーを成長させましょう。

 

どうして、リーダーはメンバーに任せないのか?

その理由はとても簡単でリーダーは責任を取りたくないからです。
そのように言うと「いや、そんなことはない責任取ってますよ」と帰ってくるだろう。
しかし、僕から言わせれば、リーダーが責任を取るのは当然のことです。
リーダーがメンバーより給料が高いのは仕事が出来るからではありません。

リーダーの給料が高い理由は『責任を取るから』なのです。

それを「自分は仕事が出来るから」と勘違いするからメンバーが育たないのです。
リーダーは責任を取り、かつメンバーを育成することが最大の仕事である。このことを理解していないとメンバーは成長しないし、チームも活性化しないでしょう。

あなたのチームリーダーはいかがですか?

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

アフィリエイトに特化したWordPressテンプレート「AFFINGER」(AFFINGER5版)

【支持されて7周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

Follow me!