外貨投資ってなに?

外貨投資とは、簡単に説明すると、日本円を海外の通過(外貨)に両替をして運用することを言って、
『海外の高金利な利息収入』
『外貨の価格変動による為替差益』
『外貨建て金融商品による売買差益』

を手にすることを言います。
具体的には、外国の通貨を預金したり、FX取引で外貨を購入したり、海外の債権や株式に投資することです。

 

外資取引の種類はさまざまあります。

外資投資とひと口に言っても、さまざまな種類があります。その中からいくつかをあげると次の通りにです。

外貨預金
外貨預金とは、簡単にいうと『海外の通貨で行う預金』です。(特に米ドルやユーロなどで行われます。)

MMF(外貨建て)
外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)とは、外貨で運用する外貨建ての投資信託のことです。

外国債券
国内において『政府や企業』『通貨』『市場』の中のどれかが、外貨建てで発行される債券や、海外において円建てで発行される債券のことです。

外国株式
海外の企業が発行する株式のことをいいます。 海外には、グローバルに展開する優良企業や、成長性の高い企業、そして、日本企業以上に高い配当利回りが期待できる企業などもあり、株価の上昇も期待されます。

投資信託
投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめて、ファンドマネージャーが株式や債券などに投資・運用しその運用の成果として生まれた利益を皆さんに還元するという金融商品のこと。

外国為替証拠金取引(FX取引)
Foreign Exchange」の英略です。 正式には「外国為替証拠金取引」といい、「 外為(がいため)」の略称でも呼ばれます。 ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品のことです。

 

外貨投資を始めると世界を広い視野で見るようになります。

外貨投資を始めると、為替のレートが気になり始めます。外貨投資の儲けや損などが為替レートの動きと直結するからです。そして、為替レートを気にするようになると、新聞やニュースなどで今までに気しなかった海外の動向などが頭に入ってくるようになります。そして、その出来事が海外の為替市場にどのような形で影響を及ぼすのかがわかってくるようになるのです。

外貨投資を始めることで世界に目を向けるようになるのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

   

   

Follow me!