自分の将来は先輩を見ればわかる。

いまの会社で
出世を目指すのか?
辞めて転職をするのか?
独立をするのか?
悩んでいる人がいたとしましょう。

仕事が人生のすべてではありませんが悩むことは当然だと思います。
その時に決断材料の参考になる話を今回はします。

 

それは…

自分の周りにいる先輩の姿を観察すればいいのです。

「自分はあんな風にはなりたくない」
「自分はあの人ようになりたい」
それぞれに感想を持つでしょう。

そして、その感想は正しいのです。
その理由は、

あなたの近くにいる先輩は、将来のあなたの姿である。

そう言っても言い過ぎではないでしょう。

僕はすごく近くにいる先輩を見て「この会社に定年までいてはダメだ、最速で出世して部長になって独立しよう」と決断しました。その先輩は40代中盤までは社内で輝いていましたが、それ以降、会社から手のひらを返したような扱いを受け続けていました。
僕はそのような姿を見て「僕も40代で出世したら、自分が管理職としてやるべきことをやったら辞めよう」と決めました。

先輩は私たちが進む道を先に進んでくれているのです。
すなわち先輩の姿を見れば、将来の自分の姿がわかるのです。

いまの会社で
出世を目指すのか?
辞めて転職をするのか?
独立をするのか?

今、あなたが悩んでいるのであれば身近な先輩を見てください。
その姿を見てあなたがどう思うのか、それが答えです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

侍エンジニア塾

スタッフブリッジ

B&Cキャリアパーク

Follow me!