出来る人は余時間を有効に使います。

「いっぱい、いっぱいなんですよぉ〜」

僕の中でうんざりするセリフダントツのNo.1
このようなことを言ってはなんですが、仕事のデキる人からこのセリフを聞いたことはありません。だいたいが仕事のデキない人からです。
それはなぜでしょうか?
そこでふと疑問が湧きます「彼らは『考えている』のだろうか?」と。
仕事のデキる人とデキない人の『考える』ことについて考えてみましょう。

あなたはいつ『考え』ますか?

『考え』とは『思考』とも言い換えられることがあります。

『思考』とは
①考えること。経験や知識をもとにあれこれと頭を働かせること。
 「思考を巡らす」「思考力が鈍る」
②哲学で、広義には、人間の知的精神作用の総称。
 狭義には、感覚や表象の内容を概念化し、判断し、推理する知性の働きをいう。
③心理学で、感覚や表象の内容を概念化し、判断し、推理する心の働きや機能をいう。
(goo辞書 より)

『ヒマを利用しない人は常にヒマがない』

この言葉は西洋の『時間』に対することわざです。
普段からいっぱいいっぱいと言っている人も朝から晩までそうではありません。ちょっとした時間が出来る時もあるでしょう。その時間をどのように活かすかによって『デキる人』と『デキない人』差が生まれるのです。

 

ダンドリストは『移動中も無駄にしない』

ダンドリストや勉強家は移動の時間も無駄にはしません。今抱えている問題点や今後の仕事について考える時間に使います。なぜなら移動時間は特にやるべきことがないからです。長時間移動で資料作成するといった場合は別ですが近距離移動に際しては特にないでしょう。

移動中は『情報の宝庫』

1日会社で考え事をしていても新しいアイデアはなかなか生まれません。机の前で「なにかアイデアを!!!」と頭を絞っても浮かんでくるものではないでしょう。しかし、『デキる』人は普段から問題意識を持って行動しているので移動中でもアイデアはたくさん浮かんできます。そのヒントが移動中にある看板や街の開発、ファッションなどを観察するのです。『デキる』人は自分の抱えている問題や課題を解決するために目や耳に入った情報を『関連付ける』習慣ができているのです。

『明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ』(マハトマ・ガンジー)

余時間を効率的に使える人が成功するのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

Follow me!