上司や周囲から信頼されるための簡単な方法とは?

あなたのデスク、もしくは仕事場周りは、いまどのような状態でしょうか。
デスクの上や仕事周りの状態は人それぞれです。
しかし、デスクの上や仕事場周りをみれば、その人の仕事に対する考え方がわかると言われています。

デスクの上が散らかっている人は、頭の中も散らかっている。

デスクの上にビッシリと物が並べられている人は、頭の中は仕掛かりの仕事でいっぱいのはずです。汚れたままの作業着を何日も着ている人は、頭の中はいい加減で汚れています。そのような状況や姿勢を上司は見て、無意識にあなたのことを判断しています。
仮にいつまでも上司から信頼されていないと感じているならば、それは、あなたのデスクの上の状態が信頼に値しないということなのです。
あなたのデスクの上が今にも崩れ落ちそうな状態なのに、上司は「あの資料はあるか?」とは声をかけづらいのです。

サラリーマンは上司から頼みごとをされなくなったら終わりなのです。

 

それでは、どうすればいいのか?
それは、とても簡単で当たり前のことをすればいいのです。

デスクの上には何も置いてない状態にすることです。

毎日デスクの上の何もない状態で帰り、何もない状態で出社をする。
たったこれだけで、あなたは心身ともに身軽になって仕事に集中できるでしょう。
僕の同僚でデスクの上が雪崩を起こしそうな人と常にデスクが綺麗な人がいました。常に定時で帰り成果を上げ続けていたのはデスクが綺麗な人でした。その人がデスクを綺麗に保つために行っていたことは簡単でした。依頼された仕事をすぐに処理していたからです。

仕事の実力は『デスクの上』『作業場周り』に表れるのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

   

Follow me!