職場で評価を上げる些細な行動とは?

職場で今ひとつ評価がパッとしない人にオススメの行動があります。
勤務時間の中には必ず休憩時間があります。
その休憩時間を時間ギリギリまで休憩しないと損だと思っているサラリーマンは意外と多くいると思います。しかし、休憩時間ギリギリまで確保していたら、再始業は1分もしくは2分遅れてスタートしています。
ここに評価をあげるポイントがあるのです。

休憩時間を人より早く終わらせて、5分前に始業開始するのです。

午後1時までがお昼の休憩時間ならば、12時55分には着席して仕事を始めていることが理想でしょう。このことを習慣化すると、仕事が思い切り捗ります。
休憩の群れから自分だけでもいち早く抜け出せば、少しは優越感を持つことができるし、再始業までの5分間で休憩モードから仕事のモードにスイッチが切り替えることもできるのです。

 

この行為は『仕事スイッチ』を入れるだけではなく、ほかにも効果があります。
あなたが、毎日5分前に再始業する姿を見て上司は「おっ、最近やる気が出ているな!」と評価が上がるのです。そこに実際あなたのやる気があるのか、ないのか、そんなことは大きな問題ではないのです。

後回しにする人生を前倒しにする人生へとシフトチェンジすることが出来たなら、知らない間に周囲が評価してくれるのです。そのことで、あなたは仕事に対する自信と自分の望む職場環境を手に入れることができるでしょう。
休憩時間をたった5分早く終了するだけで、周囲の評価が変わるなら…

やってみるか、しないかは、あなた次第です。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

ロジェス  定期購入/薬用ネオテクト

デオシーク  ホワイトプロテクト

Follow me!