人に頼むことの重要性

時間を効率的に使うためには、うまく人に仕事を振ることが大事です。
あなたの時間は有限です。しかし、他の人の力を借りることで、あなたの時間は何倍にも拡大することができるのです。
あなたはどんな仕事を人にお願いしているでしょうか。
自分自身は、どのような仕事を(優先して)やりたいですか。

会社組織で働いている人であれば、各自役割分担があります。そのため自分のやりたい仕事だけをやれるわけではありません。しかし、すべての仕事はできません、から、人に任せる基準を持っておくことは必要となります。

自分にとって本当に重要でないことは人に任せる。

このことが基本的な指針となります。
人生でも仕事でも、自分にとって本当に重要なことだけに集中しましょう。何かを実現したいと思うのなら、(自分にとって)余計なことをしている時間はないのです。そのためには選択と集中が必要なのです。

 

僕も会社員時代はプレイングマネジャーとして、さまざまな仕事をしていましたが、最終的には教育と経営の2つの分野に絞り、それ以外の仕事に関してはすべて他のメンバーに任せました。(自分がやるべき)本当に大切なことに集中したからこそ、仕事に対して充実した環境を作ることが出来ているのです。

(自分にとって)本当に重要でないことに意識と時間を分散するするのではなく、(自分にとって)本当に重要なことだけに集中するのです。そのようにすれば、何を自分がして、何を人に任せるべきか、が見えてくるでしょう。

自分が人に任せられないのは、『(自分が)やらなければ仕事がなくなってしまうのではないか』というような間違った感情が頭にあるからです。だから仕事を絞ることも、断ることもしないで、何もすることができない『なんでも雑用屋』になってしまうのです。

自分が本当にやりたい(得意な)専門的な分野に絞って集中しましょう。そして、それ以外の仕事は他の人にどんどん任せましょう。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

ドル円100万円キャッシュバック
加齢臭
一目瞭然W

Follow me!