改善は『やりづらさ』から始まります。

問題を解決するためには改善することが必要ですが、その改善策を考えることを『面倒だ』『難しい』と嫌がって行動しない人は少なくありません。改善は自分にとって身近なところから少しづつ発送して、自分を楽にする方法であることを忘れてはいけません。
赤字企業再建のために部長に就任したAさんは、現在停滞気味だった改善活動を活発化したいと考えていた。

企業は業績が悪くなると、改善に費用や時間をかけなくなりがちです。しかし、確かに一時的には節約になるかもしれませんが、長期的に見た場合、改善が止まると新しいものを生み出せなくなります。その結果、さらに業績が悪化してしまいます。このような理由からAさんが改善活動を活発化を考えたのは当然なことでした。

しかし、最初は「みんなでアイデアを出そう」と言っても改善提案は出ませんでした。メンバーは「アイデアを出したところで何も変わらない」といった諦めや、改善は一部の限られたメンバーがやることで、自分の役割ではないといった考え方が支配していました。
Aさんはメンバー全員を集めて、語りかけました。

仕事をしていて『やりづらい』と感じたことはありませんか。

それをそのままにしておくと、全体の不満につながります。しかし、『何かいいアイデアはないか』『どうすれば現状から楽になるのか』と考えることができたら、それが改善案となるのです。

 

 

マイナスから工夫が生まれます。

現状に対して問題に気づいたとしても、どうすればいいのかを考えることが得意ではない人もいます。そういう人は「これってやりづらいよね」と同僚たちに話をすれば良いのです。メンバーの中には問題には気づかないけれど改善策を考えることが好きなメンバーがいます。「このようにして見てはどうだ」とアイデアを出してくれるでしょう。そして、その出してくれたアイデアを形にすることが得意なメンバーもいます。そのようなメンバーを巻き込むことができれば問題解決に近づきます。

『三人寄れば文殊の知恵』という言葉もある通り、メンバーが得意な分野を生かしながら改善活動に参加します。改善活動で大事なことは、ひとりのスターメンバーがすべてを行うのではなく、メンバーのアイデアと力を合わせて進めていくことが大事なのです。

どのような仕事であったとしても、やりづらさはあります。そのようなことを我慢すれば仕事が嫌になります。その我慢する力を『どうすれば役になるのか』を考えるように気持ちを向けることが大事です。そして、苦手なことはメンバーの力を借りましょう。

仕事場には『アイデア』を出しに行く場として考えて見ましょう。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

デリケートゾーン脱毛女性向けLPレジーナクリニック

Follow me!