仕事は『人』で決めろ!

先に結論から言うと仕事を頼む際に決める基準はその人の『提案や企画などの内容』ではなく『人』で決めよう。提案や企画がいかに素晴らしくても、その通りに進むとは限らない。むしろ、その通りに進むことの方が少ないでしょう。

そこで大事なことは、提案や企画がその通りに進まなかったとしても、共にその問題を乗り越えることが出来る相手でなくてはいけません。特に新規プロジェクトでは、当初の計画通りに進むことはありません。進行する中で多くの壁が立ちはだかります。その時にその壁の高さに諦めてしまう人か共にその壁を乗り越えようとする人なのかを見定めなくてはいけません。

 

いくら見栄えの良い提案や企画を作っても実行しなくては意味がありません。僕が大変お世話になった先輩は企画や提案ばかりで実行しないことを『打ち上げ花火』と言う表現を使います。

(関西弁で変換して読んでください)
「あんた、その計画見栄えはいいけど実行出来んの?」
その先輩はその見栄えの良い提案や企画に話をします。

先輩はその提案や企画に不備があることを指摘したのではなく、その提案や企画を進める上で出てくるであろう壁を乗り越えることが出来るのか。と言うことを聞いたのでしょう。
しかし、聞かれた提案者はその壁を想像出来ていなくて提案通りに進むと思っている。先輩はどんなに良い提案や企画もその通りに進むことはない。その時に君はその壁を乗り越えることが出来るのかを見ているのです。

新社会人になってこれからさまざまな提案や企画を受けることもあるでしょう。そこで、観なければいけないことは提案や企画内容の出来よりも提案・企画者の『人』を観るようにしてください。

ビジネスパートナーは提案内容よりも『人』で決める。
そのようなルールを決めておくと良いでしょう。例えば「明日返信します!」と言っていたのに3日後にメールが届くような相手は縁を切って良いです。
その人がどんな見栄えの良いアイデアを持っていたとしてもです。そのように言行が一致しない人は実際にプロジェクトが始まったら、その時以上にいい加減になってしまうでしょう。

大事なことは提案・企画する『内容』よりも、提案・企画した人の『誠実』さです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

銀座カラー 脱毛キャンペーン

【期間限定キャンペーン】

種類1

Follow me!