普段の言葉遣いを変えて快適に過ごしましょう。

普段使っている言葉遣いは、自分の感情に大きな影響を与えます。あなたの周りに、いつも不機嫌な人はいませんか。その人は、普段どんな言葉を使っていますか。「面倒臭い」「だるい」「なにをやってるの」「ねむい」など使っているのではないでしょうか。
言葉はその人の感情とセットになって、神経回路に組み込まれています。このようなマイナスの言葉は自分のエネルギーを確実に奪うのです。

ある会社で実験が行われました。それは徹底的にネガティブな言葉を使うチームと、徹底的にポジティブな言葉を使うチームに分かれて、仕事の生産性を測定しました。その結果は2つのチームの生産性には2倍以上の差が発生しました。
マイナスの言葉を言うと自分自身のエネルギーを下げるだけではなく、周りの人のエネルギーも奪ってしまうのです。

 

普段から不機嫌でネガティブな言葉ばかり言う人と一緒にいるとエネルギーが奪われて疲れませんか。それは職場でも同様です。

『あの人の言葉には毒がある』と言う表現があります。それは、毒のある人の言葉には本当に毒があって、例えば花に向かって毒のある言葉をかけ続けていると、すぐに枯れてしまうと言う話があります。
言葉に含まれている毒には、他人よりも、その言った人自身を最も毒してしまいます。だから言葉遣いの悪い人は、よく病気になります。

これは『引き寄せの法則』といって、普段人は同じ波長、波動を持つ同士が集まるものです。そう人たちが持っている雰囲気というべきものでしょう。悪口を言う人は悪口が好きな人同士で集まります。そのような人達の集まっているところにいるだけで気分や体調が悪くなります。
そのためにも周りはもちろんのこと自分にも、力を与えてくれるようなポジティブな言葉を使っていきましょう。ドリカムの曲のタイトルではありませんが、「嬉しい」「楽しい」「大好き」や「ありがとう」「幸せだ」「最高」といった言葉を普段から使うようにしましょう。
このような言葉は自分や周囲の人たちを快適するエネルギーを持っています。
そして、そのようないい言葉を使う人の周りには、同じような言葉を使う人たちが集まり快適な環境になるはずです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

MEN'S KIREIMO

Follow me!