相手が嫌がることをしなければ、無理に喜ばせる必要はありません。

人間関係が長続きさせたいと悩んでいる人は多い。
そのような悩みを持っている人の多くは人間関係が長続きしない。
その理由は、相手を喜ばせようとして必死になっているからです。(なぜ、相手を一生懸命相手を喜ばせようとすることがいけないのか。)それは、相手を喜ばせようとすることには限界がありますし、相手も慣れて飽きてしまいます。

そんなことよりは、相手が嫌がることをしない方が人間関係は長続きさせるためには大事なのです。当然、相手を喜ばせる必要がないというわけではありません。相手を喜ばせる行為は自分が疲れない程度で純文なのです。ここでは『あなたが疲れない』ということが重要で、それが相手が喜ぶことを長続きさせる秘訣なのです。

あなたが疲れないことよりも大事なことは、相手が何をしたら(言ったら)嫌がるのかをよく把握して、それを絶対にしないことです。
会社組織で最終的に出世する人の多くはだいたいこのタイプです。
上司が喜ぶことを一生懸命にするよりも、上司が嫌がることをだけは絶対にしない部下が最終的には出世するのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

Suit Ya

Follow me!