過ちは素直に認めた方が成功します。

誰でも必ず間違いのひとつやふたつは犯してしまいます。そして、ひとつの間違いがさらに間違いを重ねてしまって、さらに大きな間違いを犯してしまう事が多い人もいます。
しかし、一番大きくて犯しやすい間違いは…
自分の間違いを認めないという間違いなのです。

どんなに小さなミスであったとしても、なぜかそれを認めたがらないという人は少なからずいます。それは大きな刑事事件にまで発展しそうなものではなく、普段の生活の些細な事です。
ひとこと「ごめん!」「すみません。」と言えば、お互い気持ちよくなれるようば場面でも頑なに認めない人がいます。

 

海外では『自分から過ちを認めてしまうと裁判で不利になるから』と間違いを絶対に認めない人がいましたが、この話も間違いなのです。
ひとつは間違いを犯してしまった事実を認めない間違い。それと、海外では謝らないということについてです。

アメリカなどは訴訟大国なので、そのような話は『代理人が来るまでは絶対に口を開かない』というような場合の特殊なケースなのです。すなわち海外の人が全てにおいて間違いを認めないということはないのです。
それに大前提の話で、ここは日本なのです。
僕の友人にも海外の人がいますが、彼ら彼女たちは普段の生活の中で自分に間違いがあればすぐに間違いを認めて誤っていました。

 

仕事上のミスを認める事でビジネスを成功させましょう。

仕事上のミスでも同じ事が言えます。
自分に非があれば素直に間違いを認めましょう。その間違いが事実なのであれば、まずは認めましょう。そして言い訳の機会を与えられたら、そこで初めて説明をすればいいのです。どのような理由で間違えてしまったのか。その間違いを他の誰かによって指摘された場合は、その原因・理由が指摘されなければ考えつかなかったと言えるでしょう。

間違いを認める事で、次の間違いを重ねなくて済みます。人は完璧ではありませんから、どこかで必ず間違いを犯すのです。その間違いを自分で気づいたら、他の誰かに指摘されたら、すぐに認める器を持ちましょう。それがその人の器の大きさとなるのです。
そして、その姿勢がビジネスを長期的に成功へと導くのです。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

魔女っ粉

Follow me!