ネットワークは前向きな人とにしよう。

私たちはお互いに刺激し、影響しあって生きてます。
たとえクールに一匹狼を気取っていても、必ず一人ではないはずです。
私たちが孤独を感じてしまうのは、自分以外の人がいるからに他なりません。
それは自分以外の人から何らかの形で影響をし合っているということなのです。

 

というように私たちは普段の生活から何らかの影響を周りの人から受けているのです。どうせ影響をし合うのならば、お互いいい影響の方が良いと思いませんか。良い影響とは、良い生き方をしている人に影響をされるということです。
良い生き方と一言に言っても人それぞれ考え方が違うと思います。
私にとっての良い生き方と、あなたにとっての良い生き方、みんな違ってみんな良いのですが、一つの基準になることがあります。
それは、『普段からポジティブに前向きに生きている人』を探しましょう。

しかし、ここで勘違いをしてはいけないことがあります。
ポジティブシンキング=楽天家(何も考えてなくて、ただ前進して失敗しても、その原因を考えない人)では決してないのです。

ポジティブシンキングとは、最悪な結果までを予測して、そうならないように考えて準備してチャレンジします。もし、そのチャレンジが失敗したとしても、その時点で思考が止まるのではなく、再度同じ失敗をしないように自分なりの考察で次の手を打てる人のことをいいます。
そのような人たちが自分の周りにたくさんいたら、さまざまな前向きな方向性の影響を多く受けることになります。どうすれば、そのポテンシャルを維持出来るのか、モチベーションを保つことが出来るのか。このようなことは学校では教えてくれないことを周りの人の影響を受けて身につけるのです。

僕が知るチームでも前向きに生きているリーダーの周りには必ず前向きに生きている人が集まって来ます。それはいわゆる『類は共を呼ぶ』ですね。
普段から周りに前向きな人たちと関わりを持っておくと、そのネットワークは各方面から増えていきます。仕事のヒントからプライベートのアイデアまで何かが得られるかもしれません。そして、その中から重要な人脈が作れるかもしれません。

人は一人では生きていけないと言われています。
それならば、前向きな人たちと可能な限り時間を共有して行動を共にすることが大事です。
そのように行動していれば、気が付いた時にはあなたも『前向きポジティブ人』になっていることでしょう。

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

インフォメーション

マネパカード

Follow me!