これはキングコング西野亮廣さんのビジネス書『革命のファンファーレ』に書かれている一節です。
僕の場合は作品の販売を他人(この場合は出版社やネット通販になる)に委ねてはいけない。
たしかに言われてみたらそうだよな…と思う。
よく本が売れないと耳にする。しかし、その中でもベストセラーが出てきている。
その多くが出版社や本屋さんだけではなく著者自ら『売る』行動をしている。
百田尚樹さん
勝間和代さん
水野敬也さん
などのベストセラー作家さんは必ず本屋回りをしていると同じくベストセラー作家というよりは実業家の堀江貴文さんが自ら本屋回りをする中で必ず名前の出る作家の名として先の人たちを挙げた。
売れている作家さんは必ず『売る』ための行動をしている。
⇨作品の販売を他人に委ねていないのです。

そうは言うものの『本屋』に置いてもらえるの?

本屋徘徊が趣味です。
以前は購入する立場で徘徊していましたが、今では著者目線で徘徊します。
なんか偉そうですけどね…

そんな徘徊をしながら思うのが『ここに俺の本って置いてもらえるのか?』という至極当たり前の疑問。
本屋さんも取次店の都合で配本数などが決まる。
そんなエピソードをドラマ『重版出来』で知った。
仮に近所の本で『のぞえさんの地元だから10冊仕入れよう!』と取次店にオーダーしても『そちらのお店では販売実績はないので1冊ね!』という具合で配本のコントロールをされてしまう。
一聴すると酷い話に聞こえるが取次店や出版社の身になれば当然だ。

確実に売れるかわからないものにそんなに配本して余って返品されたらこちらが損をする。

ビジネスなので当然のことです。
加えて今回僕の著書はビジネス書のジャンルになります。
本屋さんのビジネス書のコーナーをよく観察しているとわかる事があります。
『あれ?この出版社の本多くないか?』ということに…
その結果一般的に売れている本よりも本屋さんの在庫で売れ筋が決まるケースがあります。
たくさん仕入れたから大きく展開しよう!みたいなね。

例えば僕の近所の(そこそこ大きい)本屋では前田裕二さんの『人生の勝算』は置いていませんでした。
ちなみにAmazonでは発売前の時点で第1位でした。
なぜ?そのような事が起こるのか?
本屋が売りたい本と売れている本は違うのか?
本屋大賞などに参加している書店員が勤務する本屋は違うと思いますが…

本屋では勝負にならない?

と、いうことを考えると自分の本が本屋に並ぶことは考えづらいわけです。
これはヤバい!のか?というと必ずしもそうとは言えないのです。

さて、ここで『飛躍する勤労 ~転属は進化のチャンス!~』はどのような形態で出版されるのか?について少々説明を。
今回の書籍は出版社とAmazonさんでPOD(プリント・オン・デマンド)形式で出版されます。
この方式ではアマゾンさんに注文するとアマゾンさんは『はいよ!飛躍する勤労一丁!』てな具合に印刷と製本を進め納品するらしいのです。
それで翌日とかに出荷とか世の中どうなってんだ?って話ですよ!未来ですよ!ミ・ラ・イ!
この方式だといわゆる初版という概念はなくなります。
だって注文もらってから印刷だもんね。しかも1冊から…
あぁ〜夢の『重版出来』がぁ〜〜〜〜

と、出版の形式がお分かりいただいたところで『僕の本は本屋に並ぶのか?』という疑問についてですが答えは(現時点では)並びません!と言えます。

それでも勝負するのです!

この状況で売れるのか?という事が『わかってないなぁ〜』なのです。
こちらをご覧ください。

僕も営業で管理職をしていた頃は上記表の実店舗の『伝統的市場』でビジネスをしていました。
しかし、今はネット通販が主流となっています。
その場合どのような事が起きるのか?というと『場所の制限』が無くなるのです。
本屋には売り場という制限がありましたがネットショップにはありません。なぜなら店頭に並んでいるのは『データ』だからです。
商品を無限に置いても売り場が無くなることは(現時点では)ないのです。
アマゾンは今まで死に筋と言われたものを数多く集めて膨大な売上を積み上げたのです。

と、ここまで話すと『本屋』に置かれなくてに問題がないように思われるが…
実は重大な欠点があるのです。
それは『試し読み』が出来ないのです。

それは『本は本屋で出会いたい』という購買行動です。
この購買行動がかなりな人数いるのです。
だからベストセラー作家は書店周りをするのです。

本屋で出会えない本はどうすればいい?

いま人気の大型書店では『試し読み』が一般的になっている。
店内にソファを置いて一度『試し読み』をしてから購入する人が増えている。
『試し読み』で全部読まれたら買わないんじゃないか?
それは昔の考えで「読んでもらって判断して購入してもらいたい」という姿勢が本屋にもある。
実際そういう本屋は繁盛している。

僕の本は全国の本屋にならばない。
並ばない(出逢えない)のであれば、出逢える場所を作ろう!
そんな想いからこの無料公開ページを作りました。

 

まずは皆さんに作品を触れてもらおう!
欲を言えばガンガン宣伝してほしい気持ちでいっぱいです!!!!
よろしくお願いします。

無料公開 無修正版
『飛躍する勤労 ~転属は進化のチャンス!~』

勤続22年11ヶ月の中で数多くの『転属』で経験した出来事を平社員目線・管理職目線で執筆した初の書籍です。
副題は〜転属は進化のチャンス〜です。
会社員生活をしていると『転属』の経験をする人が多くいると思います。
それをネガティヴに考えるか?ポジティヴに考えるか?
考え方次第でその後の活き方が変わってきます。
この本では生意気な中途社員が数多くの『転属』によって
どのような成長をしたのか?成長しなかったのか?をエッセイ調で書いてます。
いわゆるビジネス書というよりはビジネスエッセイです。
考えさせる話やちょっといい話などが収録されています。
業種にかかわらず『中小企業あるある』を書いております。
読んでみて『あぁ〜あるある!』と思っていただけたら幸いです。

今回このページでは全5章中の第1章『なまいきざかり』を全5話公開します。
生意気な中途社員が最初の大きな転属を経験するまでを掲載します。

今回の試みに関してはGalaxy Books社担当の川野さんに初校前データを掲載することで了解をいただきました。ありがとうございます!
初稿原稿につき(お得意の)誤字脱字、『てにおは』の使用についてなどおかしな点もそのまま掲載しております。
実際の出版時には全て修正されたもので発行します。
2017.12.20時点 最終校正中です!

ひとりでも多くの人に『飛躍する勤労』の世界にふれてもらえたら嬉しいです。
そして….みんなにオススメしてください!!!!

飛躍する勤労 ~転属は進化のチャンス!~
第1章『なまいきざかり』無修正版 詳細

第1章 なまいきざかり
◉前職の知識は最大限に活用せよ!
◉周囲を巻き込む力
◉みんなの人気者
◉それは、会社のため?個人評価のため?
◉変えるべきは「人」か「仕組み」か・・・・

『飛躍する勤労』~まえがき~

飛躍する勤労

第1話 前職の知識は最大限に活用せよ!

第2話 周囲を巻き込む力をつけよう

第3話 それは、会社のため?個人評価のため?

第4話 能力だけでは評価されない

第5話 変えるべきは「人」か「仕組み」か

飛躍する勤労

続きの章は各サイトにて無修正版無料公開中

第2章 転属は左遷なのか?
◉転属は進化のチャンス!
◉口下手上司の人心掌握術
◉地味なユーティリティプレイヤーは損をする?
◉真のフォロワーシップとは?
◉独裁なリーダー

第3章 チームってなんだ?
◉組織力で成果を上げろ!
◉指導してもらうには”可愛げ”が必要!
◉机を見れば、一目瞭然である。
◉やはり、机の上は常に綺麗にしておくべき
◉仕入れ先は協力先?
⇨ 第2・3章はFacebook『飛躍する勤労』グループページにて公開中

第4章 管理職ってなんだ?のぞえたけおみnoteにて掲載
◉今までの経験を活かす時が来た!
◉出世よりも大事な事
◉商品よりも売り込むべきものとは?
◉組織を変えるためにはトップから
◉組織がバラバラになる時…

第5章 育成ってなんだ?のぞえたけおみnoteにて掲載
◉外部コンサルタントとの付き合い方
◉残すべき人材(人財)とは
◉アンテナを立てろ!
◉学びの時間は終わらない!
◉会社の歴史を繋ぐのはだれだ?

のぞえ書店(nozoe bookstore)にて特典付き著書 予約受付中

 

お気軽にお問い合わせください。090-6519-2201受付時間 9:00-18:00 [日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)