プロジェクトマネジメント
社内のプロジェクトチームによる問題解決力の強化はもちろんのこと、通常業務における効率化や仕事のプロセスの「見える化」、最終的には「学ぶ組織」への変革の支援をします。

改善の3本柱

◉業務効率化(倉庫管理・在庫管理)
最近の流行りで業務の効率化をIT活用して「見える化」「情報化」をしようとする企業が多く見られますが、その多くが「何のために」情報化したのかを理解しないまま導入しているという声をよく聞きます。業務の効率化は必ずしもITを活用しなくてもできます。大事なことは業務の改革・効率化は人の意識(考え方)の改革なのです。業務は人が行うものです。あくまでもITは道具にすぎないのです。まずは現場の現状と管理体制の見直しから初めます。

◉販売行動計画
販売実績を上げるには日々の行動をPlan(計画)し、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)する事により改めて自分の行動を見つめ直しムダに気づく事で精神論ではなく効率的に実績を上げることが出来ます。時代の変化に対応した営業方法を常に考える集団になる教育をします。「我々の業界は特別なので…」なんて事は販売のノウハウには全く関係ないのです。

◉従業員(リーダー)の育成
現在、従業員の教育は急務です。世代交代の中、時代の流れとともに従業員教育も変わってきています。過去の指導法では現職部下や新入社員はついて来てくれません。その結果が新入社員の離職率に繋がり会社の力を落としているとの話を耳にします。ここでは、リーダー(管理職)の育成に重点を置き、会社の手本となる人材に育てます。私の過去の経験から気をつけるべき事などを細かくレクチャーします。

継続して実行するためには

①普段から問題意識を持つ
②改善(変化)を行う提案力・実行力
③常に余力を意識した業務管理能力
④余力を新規事業に活かせる行動力
⑤新規事業に対応できる計画的な補強ができる職場環境
⑥将来を見据えた社員教育(人材育成)

お気軽にお問い合わせください。090-6519-2201受付時間 9:00-18:00 [日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
1969年、大分県別府市育ち。会社員生活27年の経験から「個人が変われば組織は必ず変わる」ことを伝えるミッションを受け。ライター、写真家、イベント企画、マネジメントアドバイザーなど様々なプロジェクトで伝えている。人気講座である「優先順位設定をして業務効率をあげよう」は参加満足度90%を超える評価を得ている。2017年末には初の書籍「飛躍する勤労」をGalaxy Books社より刊行予定

最新記事 by のぞえ たけおみ (全て見る)